グーグル、新しい音声検索を提供開始、質問に音声で応答

Googleが音声検索をアップデート。質問をすると、音声で回答してくれる。以前から英語版で対応していた機能の日本語版。


公開日時:2013年11月29日 15:06

グーグル株式会社は2013年11月29日、新しい音声検索の提供を開始した。音声での検索に対し、検索結果画面を表示するだけでなく、音声で回答する。既に英語版では利用できた機能だが、今回、日本語にも対応した。

例えば、「箱根の天気は?」と聞くと、「15時でところにより曇りです」と音声で回答する(15:02時点で試した時の結果)。スクリーン上にも Google Now でおなじみのカード形式で情報が表示されるが、その概要を音声で読み上げてくれる仕組み。同じく「近くのラーメン屋」と質問すると、「1キロメートル圏内のラーメン屋を検索しました」と応答した。ただし、同形式で「北海道の天気は?」と質問した時は音声応答しなかったので、回答内容によっては音声応答しないケースがあるようだ。

新しい音声検索は、スマホ、タブレットで利用可能。デスクトップPCの場合は Chromeブラウザに対応する。Android 4.4 を米国(英語)で利用すると、音声検索アイコンをタップしなくても"OK Google" と話かけるだけで音声検索入力待ち受け状態になるため、画面に一切触れずに必要な情報を検索できるようになっている。

Google モバイル:さがそう。「冬のお出かけ」全国篇

新しい音声検索については、11月29日から年末まで、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、仙台の 7 地域でテレビCMを放映する。


「富士山に行きたい」→「ルートを検索します」
「富士山の高さは?」「富士山の標高は3776メートルです」
「インドの大統領は?」「インドの大統領はプラナブ・ムカルジーです」


新しい音声検索で調べたいことをすぐに検索
http://googlejapan.blogspot.jp/2013/11/blog-post_7555.html





記事カテゴリ:Google 2010-2016, サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。