Google、自然検索結果の1位を枠線囲みで表示するテストを実施中

グーグルがブランドキーワード検索時に自然検索結果1位のサイトを枠線で囲んで表示するテストを実施。サイトリンクやGoogleマップ、地域情報など1位サイトと関連する情報を含めて枠線表示。視覚的に情報を探しやすくするため?


公開日時:2013年11月29日 15:35

Googleが一部の検索利用者を対象に、自然検索結果の1位表示サイトを枠線で囲んで表示するテストを行っていることが確認できた。一部の会社名やサイト名などのブランドキーワードが対象になっている模様。

該当サイトが実店舗を保有しており周辺店舗情報がGoogleマップを伴って表示されるケースでは、それも含めて枠線で囲まれて表示される。例えば、『NTTドコモ』と検索すると、ドコモ公式サイト、Googleマップ、近所のドコモショップ、サイトリンクが表示されるが、これら全て枠線で囲まれて1つのボックスとして表示される。

今日の Google は1位のサイトに紐付いた、複数のサイトリンクや地域情報結果(ローカル情報)、Googleマップなど多数の情報を画面上に表示するため、どこからどこまでが1位サイトの情報なのかを判別しにくい。枠線で囲むことで1位サイトに関連する範囲を視覚的に示すことで情報の見やすさを改善しようという狙いなのかも知れない。なお、画面右側のナレッジグラフの枠線は(自然検索結果とは区切って)そのまま表示される。


#
社内のIさん、ありがとうございました。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。