[SEO] NAVERまとめの「継ぎ接ぎコンテンツ」はOK? まとめサイトはSEOスパムに該当するか?

NAVERまとめでよくある「たくさんのサイトからコンテンツをかき集めてきただけのページ」について、Googleはどう考えているのか。


公開日時:2013年12月05日 19:23

NAVERまとめのページを見ていると、単にたくさんのソースから数行ずつ文章をコピペしてきて作成されたまとめをよく見かける。こうした、複数のウェブサイトからコンテンツを少しずつ切り取って継ぎ接ぎしてページを作成することは問題ないのか?

米Google・Matt Cutts(マット・カッツ)氏は、単にコピーして取り出してきたコンテンツをつなぎ合わせるだけの付加価値のないコンテンツページはハイリスクであり、避けるべきであるとコメントしている。

Wikipediaのように複数のソースを元に文章を記述していることを明記して、それのサマリーや中立的な説明を提供するような、読み手にとって価値のあるまとめ方であれば問題ないが、単なるコピーは誰も歓迎しないからだ。

つまり、仮にそうした「継ぎ接ぎ作業」が必要であるなら、なぜあなたのウェブサイトでそれを行う必要があるのか、それは来訪者にとって価値があるものなのかを自分に問いただしてみると良いだろう。無論、自動生成でコンテンツを合成するのは問題外だ。


Is it a good practice to combine small portions of content from other sites?

Hi Matt, can a site still do well in Google if I copy only a small portion of content from different websites and create my own article by combining it all, considering I will mention the source of that content (by giving their URLs in the article)?


#1
冒頭のNAVERまとめですが、大抵は他のソースからコピー&ペースとして面白おかしく並べてPV稼いで小遣い稼ぎしている低品質ページが目に余りますよね。NAVERまとめサイトの検索順位変動は(分析対象としてこれほど面白いものはありませんので)監視していますが、来年以降、Google はどう対応するのか見物です。

#2
このQ&Aは、あくまでページを構成する主コンテンツが「他サイトのコンテンツをかき集めた継ぎ接ぎ」を想定したものです。オリジナルで価値の高い主コンテンツがあって、副コンテンツとしてアグリゲーションコンテンツがある分には(構成比によりますが)原則、問題になりません。たとえば、ある主たるコンテンツ [A} があり、その話題に関連する、RSSでかき集めた関連外部コンテンツのリンク及びその冒頭2行を引用するといった具合の、おまけ的に継ぎ接ぎが混ざっているケースなどです。

#3
NAVERまとめをやり玉に挙げてしまいましたが、本動画でカッツ氏が言及するような、「複数のコンテンツを少しずつ取り出して合成して1つのコンテンツを作る」手法は、10年前から日常的に行われていることでした。ブラックハットSEOの立場的にこの方法が好まれるのは、重複コンテンツ判定をかいくぐることが出来るからです。あるいは、オリジナルなコンテンツの重要性はわかっているけれど作成する時間もお金も能力もないから、じゃ、他サイトのコンテンツつなぎ合わせて(synthesizing:合成)"独自"コンテンツ作りましょうという手法がありました。特に Web 2.0 という言葉が流行っていた頃は多かったと思います(マッシュアップという名の下に正当化されていましたし、少なくとも当時の文化としては否定されることではなかったですよね)。何にせよ、Googleがまだ上手く対処できていないスパム(グレー?)領域であります。いや、昔と比べれば検出できるようになったのかな。。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。