フルスピード運営のプロバイダーリンク、nofollowを付与することを発表

フルスピード運営のプロバイダーリンク、公式サイトにて掲載サイトのリンクにnofollowを加えることを発表。


公開日時:2013年12月07日 20:46

株式会社フルスピードは2013年11月25日、同社の運営するディレクトリサイトに有料でサイトを掲載できる掲載サービス「プロバイダーリンク」について、掲載時にリンクにnofollowを付与することを発表した。

平素よりお世話になっております。

プロバイダーリンクより提供させていただきますリンク設置につきまして一部変更がございます。

この度プロバイダーリンクではご提供させていただいております全てのリンクに対しまして、2013年11月25日(月)より「nofollow」を設置する事となりました。Googleが推奨いたします、リンクに対するガイドラインに準拠したリンク設置を目的としております。

皆様のご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

[2013/12/07時点、プロバイダーリンクのトップページに記載された文章より引用]

同社はnofollowを追加する理由として「Googleが推奨するリンクに対するガイドラインに準拠したリンク設置をするため」と説明している。今年の夏以降、Googleがディレクトリ各社に対して有料審査型ディレクトリ登録が実質的に有料リンクであると指摘しており、各社が対応に追われていた。低品質なサイトをリンクネットワーク化して、金銭を対価として発リンクを増やす行為等が問題視されたためだ。

プロバイダーリンクのサイト掲載先となるディレクトリサイトも運用状況からGoogleにガイドライン違反を指摘されていた可能性が高く、継続運営のために掲載サイトへのリンクにnofollowをつけるよう運用ルールの変更を迫られた形だ。

プロバイダーリンクはもともと、フルスピードの親会社であるフリービットと共同で2011年1月から提供が始まった。2012年8月にはフルスピード社に運営移管され、同社のSEOのノウハウを注ぎ込むことで優れたサービスを提供する計画だった。

同社に限らず、SEO効果の訴求を重点に置いたディレクトリ登録サービスは相次いでガイドライン違反が指摘されており、各社対応に追われている。審査型ディレクトリを隠れ蓑にしたリンク販売のビジネスモデルは終わりを迎えつつある。

#
会社としては公式に告知するのは嫌だったと思いますが、顧客のためにきちんと伝える必要ありますもんね。これでいいと思います。S社は最初から100%ウェブスパムで、こっそりnofollowつけているのに何もウェブで告知してませんしね。。。





記事カテゴリ:サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。