Googleマップナビ、新たに25カ国に対応

グーグルマップナビ、アジアやアフリカの新興国中心に25カ国で新たに利用可能に。


公開日時:2013年12月15日 01:17

米Googleが、Googleマップナビを利用出来る対象国を大幅に拡大した。

Googleマップナビは音声ガイド機能付きのインターネット接続型GPSナビゲーションシステムで、日本では徒歩ルート案内や乗換ナビ、自動車ルート案内などの各種案内機能や、交通状況、ストリートビュー、ルート沿いにあるお店の検索などが既に利用出来る。

今回新たにバングラディシュや中央アフリカ共和国、ジブチ共和国、レソト王国、シエラレオネ共和国などアフリカ諸国中心に25カ国が追加された。

2013年12月現在、同社ヘルプページに記載されているGoogleマップナビ利用可能国は合計78カ国。

Googleマップナビ(ベータ版)について
https://support.google.com/gmm/answer/1650296?hl=ja


Googleマップナビ 利用可能国一覧
https://support.google.com/gmm/answer/172221





記事カテゴリ:サーチニュース 2013, ローカル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。