検索とSEOとソーシャルの話 - リンクは「サイト」から「人」へ

検索とソーシャルの融合、といった話が3,4年前から出てきたわけですが、結局、SEOを強化したい企業は検索とソーシャルの関係性をどう捉えればいいのか。


公開日時:2013年12月16日 23:59

ソーシャルネットワーキングサービスが広まったことでウェブがますますソーシャルになってきた。この結果、推薦や紹介などの意図を込めたリンクを提示する発信源が「サイト」から「人」に移行してきた。

従来は「サイト」がリンクを発信するという前提で外部リンク構築(Link building)戦略が考えられた。相手がサイトだから、みんな(のサイト)がたくさんリンクを張ってくれるコンテンツとは何かを考えるよりも、自分でリンクを登録・設置しにいったり、自分でリンクを作って評価を高める方が実際楽だった。"Content is King" は理想論で片づけられた。サイトが発信元だったからこそ、東南アジアなどの新興諸国でスパムサイトを大量生産してリンクを発信するという方法を採るブラックハットSEOも横行した。

だけどリンクの発信源が「人」になると、そうはいかない。「人」が情報を発信し、共有し、ウェブで拡散していく世界において、(そしてGoogleが不自然なリンクに非常に厳しく対処している現実もあわせて考えれば)従来のような手法はもう通用しない。つまらないサイトなんて、相手にしてくれないし会話の中にも出てこない。

「人」はなぜ、サイトを他の人に紹介するのか。どんな人に、どんなコンテンツを共有したいと考えるのか。会話の輪に入って、みんなに支持してもらえる、共感してもらえるためには、その「人」とどんなコミュニケーションをとれば成立するんだろうか ---そう、Content is King は理想論で切り捨てるわけにはいかなくなった --- という流れの中で、最近のコンテンツマーケティングやWeb Presence Optimization(WPO)あるいは Content Discovery (コンテンツ・ディスカバリー)etc..という、マーケティングの上位概念が提唱されるようになってきた。

…という枠組みや流れを押さえて頂くと、企業がFacebookやTwitterを運用する時にSEOの概念をどのように取り扱い、マーケティングの中に落とし込めばいいのかがおぼろげながら見えてくるのではないだろうか。SEOのためにFacebookやGoogle+ページを開設するのは論外なのは言うまでもない。


#1
説明が雑すぎた感があったのでちょこっとだけ修正しました (2013/12/17 15:35)

#2
年末ですので取材関係者から「今後のSEOの展望をお願いします」という質問も増えてきているのですが、なかなか回答するのが難しいんですよね。デジタルマーケティングの本質論を語るとSEOとかけ離れすぎてしまいますし、第一、話が終わらない。世間的にSEOとは何かすらまともに理解されていないところに、小難しい話は厳しい。

そんな事情もあり、できるだけ話を広げすぎずに、相手が取材記事を書きやすい程度に、SEOの延長線上で現在からほんの少し先の未来の話をする時には、これくらいの概念にとどめて理解してもらうよう試みています。本文で書いた通り、リンクグラフ(Link Graph)が2000年時点と全然違うよね、という視点で見てもらうといいのかな。





記事カテゴリ:サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。