Facebookページ、オーガニックリーチが40%以上減少も - ニュースフィードアルゴリズムの変更が原因

Facebookが実施したニュースフィードのアルゴリズム変更により、Facebookページの投稿リーチが大幅に減少した。


公開日時:2013年12月25日 06:20

米Facebookが12月上旬に実施した、ニュースフィードアルゴリズムの変更を受けて、多くの Facebookページがオーガニックリーチ(投稿のリーチ)を大幅に失った可能性がある。

デンマークのKomfoは5000のFacebookページのデータを元に2013年8月から11月までのオーガニックリーチを調査したところ、いいねを押したユーザへの浸透率が42%減少したという。一方、クチコミ効果の増幅は31%増加、クリック率も28%増加したという。Ignite Social Mediaも21のブランド、689の投稿を対象に調査し、オーガニックリーチが平均44%減少したことを指摘している。

Facebookはニュースフィードの目的を「適切なタイミングで、適切な人に、適切なコンテンツを届けること」としており、Googleが検索アルゴリズムを常に調整するように Facebook も度々ニュースフィードのアルゴリズムを調整している。12月以降、Facebookはコンテンツの品質やニュース記事のクリック数などに基づいて表示する記事を決定しており、ウェブサイトに掲載されたニュース記事が表示されやすくなっている。


News Feed FYI: Helping You Find More News to Talk About
http://newsroom.fb.com/News/768/News-Feed-FYI-Helping-You-Find-More-News-to-Talk-About

FAN PENETRATION ON FACEBOOK DECREASED BY 42% SINCE AUGUST
http://komfo.com/about/press/fan-penetration-on-facebook-decreased-by-42-since-august/

Studies show more than 40 percent decreased organic reach on Facebook
http://www.insidefacebook.com/2013/12/23/studies-show-more-than-40-percent-decreased-organic-reach-on-facebook/





記事カテゴリ:サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。