Google Local Carousel、日本語キーワードに対応 - 飲食店や宿泊施設の写真を自然検索最上部に表示

宿泊施設や飲食店、店舗情報をGoogle自然検索結果上部にカルーセルパネル形式で表示する、「Google Local Carousel」が日本語キーワードにも対応した。情報は、Google+ローカルに投稿・掲載された写真とレビューに基づいている。


公開日時:2014年01月17日 10:19

Googleが米国内の検索利用者向けに提供しているローカルカルーセル(Local Carousel)が、日本語キーワードにも対応したことを確認した。PCからGoogle米国版(www.google.com)に米国内からアクセスして、本文以下に紹介するようなキーワードで検索することにより確認できる。スマートフォンでは表示されない。

"カルーセル"(Carousel)はWebデザインの世界でいう「カルーセルパネル」のカルーセルで、コンテンツを横一列に表示してスライド表示するデザイン形式。例えば、Googleナレッジグラフの「他の人はこちらも検索」のリンクをクリックした時に、自然検索結果上部に人物情報がカルーセルで表示されることが確認できる(例 本田翼国立新美術館)。

ローカルカルーセルは、地域の施設情報をカルーセルで表示するもので、2013年6月頃に米国で提供開始された。2014年1月1日時点で、例えば「品川 ホテル」「ケーキ 表参道」「フランス料理 新宿」「赤坂 バー」といった、宿泊施設や飲食店関連の検索キーワードと、エリア系クエリの掛け合わせ時にローカルカルーセルの検索結果を確認することができた。

カルーセルで表示する情報は、施設の写真とレビュー数及び評価点数。いずれの情報も、Google+ローカルページから引用されているので、今後、日本国内でも正式にGoogleローカルカルーセルが提供開始された際には、事業者によってはGoogle+ローカルページの開設と情報の充実を検討することも必要になるだろう。

なお、ローカルカルーセルは観察する限り、検索クエリに対して一定数以上の事業者が存在する場合に表示される。表示順序(左から右へ)は、ユーザーレビューの点数/数のほか、料金での並び替えも可能。画面右側に並び替え変更メニューが表示されるが、キーワードによって表示される場合とされない場合がある。宿泊施設では並び替え変更が可能だった。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。