Google、「次世代のパンダアップデート」を予告、小規模サイトに恩恵? SMX West 2014

グーグルが、新しい次世代のパンダアップデートを予告した。時期未定。ただし小規模な事業者・サイトに恩恵があるはずと述べている。詳細なアルゴリズムは不明。


公開日時:2014年03月14日 12:06

米Googleウェブスパムチームトップの Matt Cutts(マットカッツ)氏は2014年3月13日、サンノゼで開催中の SMX West 2014 (Third Door Media, Inc.) 3日目のセッション"Meet The Search Engines"において、次世代のパンダアップデートの準備を進めていることを明らかにした。

この新しいパンダアップデートの具体的な導入時期や詳細については明かさなかった。現在同氏チーム所属の Google エンジニアがこのアップデートのための開発準備を行っているという。同氏によると、このパンダは、小規模なサイトや事業者にポジティブな影響が出るはずだと述べている。最初の(2011年2月)パンダアップデートが導入された当初は数多くのサイトに激しく影響を与えていたが、準備中の次世代パンダは穏やかなものになると述べている。

パンダアップデートとは2011年2月に実施された、コンテンツ品質評価に関する Google検索ランキングアルゴリズムの変更を指す名称のこと。ユーザーに役立つ、高品質なコンテンツが検索上位に表示されるように適切に評価する一方、薄っぺらで役に立たないコンテンツを検索結果から排除することを目指した。2014年3月現在、特に Google から告知はされていないが1ヶ月に1度のペースで同アップデートの更新適用が行われている。





#
小規模な事業者、サイトに直接、好影響があるということは、相対的に情報量も言及量も少ないサイトのコンテンツも適切に評価できるようにするためのアルゴリズム変更なんでしょうかね。現在は、単にページ数両が多いからという理由だけで検索上位を占拠できなくなったとはいえ、それでも大規模サイトの方が(適切なSEO運用が行われているという条件下で)有利であることに変わりありませんし。[UPDATE] 某メディアが中途半端に真似た間違い記事を公開していましたので、こちらの記事を少し更新させて頂きました。業界事情わからないなら潔くコピペすればいいのに!





記事カテゴリ:サーチニュース 2014



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。