Google、サイト詳細情報に DMOZ 説明文を活用

2014年1月に米国でリリースされた、広く認知された一部のサイトについて検索結果画面上で概要カードを表示する機能。この情報はナレッジグラフに基づいていたが、最近、DMOZ 説明文を引用したケースが確認された。


公開日時:2014年05月20日 04:15

Google は今年(2014年)1月から、一部の著名なサイトについてURL欄横にサイト名とその概要をカード形式で表示する機能を追加している。この情報はナレッジグラフに基づいて表示されるものと Google も説明しているが、DMOZ の説明文が表示されることもある模様だ。

Google Operating System が紹介した例では、Google 公式ブログに表示されたサイト詳細情報カードには、DMOZ からの説明文であることが明示されている。

DMOZ (ODP = Open Directory Project とも) はかつて Google がディレクトリサービス(Google Directory)としても利用していた世界有数のディレクトリサイト。2011年7月に Google Directory は閉鎖されているが、DMOZ 自体も最近は情報が滞っており、必ずしも適切な情報が表示されるわけではない。検索利用者として DMOZ を利用している人口も少ないうえ、サイト運営者として DMOZ の登録状況を気にかける人など最近は極めて希ではないだろうか。そうしたディレクトリのデータを Google が利用していることがとても奇妙に思える。

Google's Site Info Cards Use DMOZ Descriptions [Google Operating System]
http://googlesystem.blogspot.jp/2014/05/googles-site-info-cards-use-dmoz.html





記事カテゴリ:サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。