iOS8搭載のSafari、アドレスバーに直接サイトやアプリへのリンクを表示する機能を追加

iOS8にアップデートした Safariで、アドレスバー入力中にサイトやアプリのサジェスト(提案)を表示する機能が追加された。Spotlight


公開日時:2014年09月22日 18:15

Appleからリリースされた最新のiOS8に搭載されたSafariに、検索の新機能が搭載された。アドレスバーに検索キーワードを入力すると、App Store へのリンクや、合致するサイトが表示される。

この機能は iOS8 の Spotlight で、Safari のアドレスバーから利用できる。選択している検索エンジンにかかわらずサジェスト欄に表示される。軽く調査したところ『トップヒット』『推奨されたWebサイト』『Wikipedia』『App Store』『ニュース』などいくつかのパターンが用意されているようだ。

例えば「youtube」と入力すると『推奨されたWebサイト』としてYouTubeへのリンクがアイコンつきで表示される。また、「uber」と検索すると、タクシーを手配できるアプリ「Uber」のアイコンが表示され、タップするとそのまま App Store のダウンロードページを開くことができる。「apple」と検索した時は『トップヒット』としてwww.apple.com へのリンクと、iCloud へのリンクの2本が表示され、さらにその下に『推奨されたWebサイト』にも Apple トップページへのリンクがアイコンつきで表示される。「atok」と検索すると、17:30時点では『ニュース』として ATOK for iOS のリリース関連記事が表示されたが、18:10現在は『App Store』としてTweet ATOKが表示されている。「LINE」と入れれば LINE への App Store がリンクされるなど、著名なアプリ名で検索した時にはおおよそ正しい結果が表示される。

一般的なキーワードで検索した時は、『Wikipedia』枠が表示されることも確認できた。

まだチューニングが完全ではないようで、たとえば「飲み会」と入れると心理テストアプリが表示されるなど(ある意味、正しいのかもしれないが)、微妙に意図に外れたサジェストが表示されることもある。

iOS8 Spotlight
https://www.apple.com/ios/whats-new/spotlight/


#
サジェストを表示するタイミングがおかしかったり、微妙にずれたサジェストが出てきますが、今後調整されてくると思います。





記事カテゴリ:サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。