【公式】 Google、ペンギンアップデート3.0実施を認める

グーグルがペンギン3.0のアップデート実施を公式に認める。 Barry Schwartz氏が確認。


公開日時:2014年10月20日 10:27

米Google は2014年10月20日(日本時間)、検索アルゴリズムの更新、通称ペンギンアップデート(Penguin Update) 3.0 を実施したことを公式に認めた。

Search Engine Roundtable を運営する Barry Schwartz氏が Google から回答を受けた。昨日速報でお伝えした通り、土曜日から米国の WebmasterWorld や Google Webmaster Help 等のフォーラムや Twitter でペンギン3.0実施の話題で持ちきりだったが、やはりアップデートが行われていた。

ペンギンアップデートはいわゆる「ブラックハットSEO」に分類される、検索エンジンスパムの排除・撲滅を目的とした検索アルゴリズムの更新。リンクスパムやコンテンツスパムなど不正に検索順位を操作しようとする試みを自動的に検出して無効にしたり検索順位を下げるなどの対応をする。今回のアップデートはアルゴリズムのコードレベルの書き換えも行うなど、比較的大きな更新が行われることが Google社員により予告されていた。一連のシリーズをペンギンと番号で表記し、今回行われたのは3回目の大規模な更新であることからペンギン3.0と呼ばれる。

[UPDATE] ペンギン3.0の日本国内の検索変動の傾向について解説記事を用意しました。ペンギン3.0がターゲットにしたサイトがどのようなテクニックを用いたサイトなのか知りたい方はご覧ください。





記事カテゴリ:サーチニュース 2014


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。