パイレーツアップデートで多数の海賊版サイトの検索順位が大幅下落

Googleの著作権侵害サイトへの対策「パイレーツアップデート」(Pirate Update)により、違法ファイル共有サイトの多くが自然検索順位を大幅に落とす結果に。日本語の海賊版サイトも複数順位下落。2chまとめ系サイトやNAVERまとめは今のところ影響なし。


公開日時:2014年10月28日 06:23

米Google が先週、違法に音楽や映画、ソフトウェアなどを共有・配布する著作権違反サイトが検索上位に表示されないようにするアルゴリズム更新「パイレーツアップデート」(Pirate Update)を受けて、違法サイトの多くが一部の検索クエリで大幅に検索順位を落としたことが確認された。

日本の海賊版サイトもパイレーツアップデートで順位下落

日本国内でも映画の ISOファイルを違法に共有している複数の海賊版サイトが、iso や torrent などのキーワードと映画タイトルを組み合わせて検索した時の順位が大きく下落していることを確認した。興味がある方は、同じ検索キーワードでの Google と Bing の検索結果を比較すると、悪名高い著作権違反サイトの扱いの違いがよくわかるだろう。

cf. Google、DMCA違反サイトの検索順位を下げる「パイレーツアップデート」実施

パイレーツアップデートは DMCA(デジタルミレニアム著作権法)に基づいてコンテンツ削除依頼の件数が多い Webサイトの検索順位を大きく下げる措置を取るアルゴリズム。以前から映画・ソフトウェア業界を中心に、Google が海賊版サイトに対して何の対策も講じず、検索を通じて不正なライセンスやコンテンツ取得を助長しているとして激しく批判してきた。こうした声を受けて Google は2012年8月にDMCA違反の割合が極めて高いWebサイトの検索順位を下げる措置を発表するに至ったが、2年ぶりのアップデートとなる今回はこの対策を更に推し進めた。


音楽や映画の違法ファイル共有サイトが対象、NAVERまとめなどは影響なし

パイレーツアップデートは全世界に適用されており、日本の違法なファイル共有サイトや海賊版サイトの検索順位が調整され、[タイトル][ダウンロード][無料 ダウンロード][torrent][iso]といった、違法なファイルの取得時に利用される傾向が高い検索クエリとの組み合わせで順位が落ちていたり、検索結果に表示されない例が確認されている。その一方で、コミックスの全巻ダウンロードサイトなどが容易に想像出来るキーワードで依然として1位に表示されるなど、ジャンルによってまだ対策は完全とは言えない状況だった。無断転載やコピーが多い NAVERまとめや2chまとめ系サイトの検索順位は特に大きな変化は起きていなかった。

米国でも状況は同じで、movie4k.to や kickass.to などの海賊版サイトが検索結果でのファインダビリティ(露出度)を大きく落としていることが SearchMetrics により報告されている。同社では "download free movies" やwatch [movie name] online free" といった違法サイト検索時に利用するクエリでの順位が変化したことを指摘している。


The Pirate Bay はむしろ歓迎?

もっとも同じ海賊版サイトでも立ち位置によってパイレーツアップデートによる影響は様々だ。例えば違法なコンテンツの検索サービスを提供する The Pirate Bay は Googleからの自然トラフィックに依存していたわけではなく、むしろ「Google で目当てのファイルが発見できなかった時に利用される」サイトであるため、影響は他の海賊版サイトと比較すると小さなものだったようだ。The Pirate Bay 社員は「(今回の Google による対策強化の進展を)心配していない、今後多くのユーザーが我々のサイトに直接来訪してくることだろう」とコメントしていた。

DMCA侵害サイトを Google に申し立てる時は、「削除用ダッシュボード」(DMCA Dashboard)から可能。「新しい通知を作成する」をクリックすると、著作権侵害の報告: ウェブ検索という画面が開くので、「著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明」「権利を侵害している著作物の場所」など必要事項を記入して送信することで手続きができる。


Chilling Effects
https://www.chillingeffects.org/

Google Pirate Update Analysis and Loser List
http://blog.searchmetrics.com/us/2014/10/26/google-pirate-update-analysis-and-loser-list/

PIRATE BAY AND ISOHUNT RESPOND TO GOOGLE SEARCH RESULT PUNISHMENT
https://torrentfreak.com/pirate-bay-and-isohunt-respond-to-google-search-result-punishment-120816/

GOOGLE’S NEW SEARCH DOWNRANKING HITS TORRENT SITES HARD
http://torrentfreak.com/googles-new-downranking-hits-pirate-sites-hard-141023/


著作権侵害による削除
https://www.google.com/webmasters/tools/dmca-dashboard





記事カテゴリ:サーチニュース 2014



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。