Google、サイトリンクの検索ボックスを拒否可能に METAタグ nositelinkssearchbox 追加

グーグル、サイトリンクの検索ボックスを非表示にする METAタグを用意。検索結果の検索窓を拒否。


公開日時:2014年10月28日 12:15

Google が、サイトリンクの検索ボックスを非表示にするための機能を用意した。

サイトリンクの検索ボックス

サイトリンクの検索ボックスは、検索結果画面のサイトリンクの1つとして当該サイトのサイト内検索を提供する機能。このサイト内検索は2つの仕様があり、(1) site: による Google 検索結果画面を表示する仕様と (2) 指定のschema.org に従ったマークアップを行い自社サイト内のサイト内検索結果画面を表示する仕様がある。特にマークアップを行っていない場合は (1) になる。

例えば(2014年10月27日時点)「ファミリーマート」と検索すると、自然検索結果の1位にファミリーマート公式サイトが表示され、その直下にサイト内検索窓が現れる。ここにキーワードを入れて検索すると、"チョコレート site:family.co.jp"、つまりファミリーマート公式サイト内に限定した(site:)検索結果が現れる。

schema.org で指定されたマークアップ(Potential Actionsプロパティを使用)を行うと、site: の結果ではなくて、そのサイトが独自に用意しているサイト内検索結果画面へ遷移させることも可能だ。例えば「楽天市場」と検索した時に現れるサイトリンクの検索ボックスを使うと、楽天内の検索結果ページに移動する。


独自サイト内検索を用意していないと競合サイトへの誘導してしまう可能性も

一見すると便利に見えそうなサイトリンクの検索ボックスだが、site: によるGoogle検索結果表示を選択する場合でも、あるいは独自のサイト内検索結果に遷移させる場合においても検討すべき課題がある。それぞれのケースにおける問題を具体的に例示する。

例えば、「るるぶ」(JTBの宿泊予約サイト)と検索して、その検索窓に例えば「北上 ホテル」と入力して検索すると、site:rurubu.travel に限定した Google検索結果画面が現れるが、競合宿泊サイトの広告が多数表示される(執筆時点)。これは Google にとっては広告収入機会を増やせるかもしれないが、宿泊予約サイトにしてみれば迷惑なケースに違いない。

また、あるECサイトで新品と中古品に加えて各種キャンペーンや手続き方法などの情報をすべて同一ドメイン内で公開している場合、site: で絞り込んだところで関連性に乏しい情報ばかりが出てきて、サイト内検索として実質的に意味をなしていないこともある。独自サイト内検索にリダイレクトするにしても、中古/新品などの細かなパラメータを制御できず、やはり扱いづらいことに変わりない。これまた検索窓の表示そのものを取り消した方が良いだろう。

以上の通り、site: による Google のサイト内検索結果を表示する時には競合社への広告が画面内に表示されてしまう可能性を検討しなければならない。一方、独自のサイト内検索に遷移させる場合、(ユーザーが Google 検索結果画面上でキーワードを入力した時の)意図を反映したサイト内検索結果が適切な絞り込み条件に基づいて表示されるのかを確認しておくことが重要だ。もしも不適切と判断するのであれば、検索ボックスそのものの表示を拒否する方が賢明だろう。


検索ボックス拒否は、指定の METAタグ1行を追加する

独自のサイト内検索を用意しておらず、検索クエリによって競合広告が出てくるようなケースでは、サイトリンクの検索ボックスそのものを拒否した方が望ましいと言える。以下の METAタグをトップページに記述することで、検索ボックスを拒否できる。

<meta name="google" content="nositelinkssearchbox">

Sitelinks Search Box
https://developers.google.com/webmasters/richsnippets/sitelinkssearch#disable





記事カテゴリ:サーチニュース 2014



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。