Google、検索結果にドイツWebメディアの抜粋表示を停止、民事訴訟受けて

グーグル、ドイツ大手新聞社や雑誌社のウェブページを検索結果に表示する時に、スニペット(説明文やサムネイル)を非表示にすることを決定。記事ヘッドラインとダイレクトリンクのみに。


公開日時:2014年10月29日 12:34

Google は2014年10月2日、ドイツ新聞社や雑誌社の Webページを検索結果に掲載する時に、スニペット(説明文・抜粋、イメージ画像)を非表示にすることを決定した。同社公式ブログで明らかにした。9日より、該当メディアは検索結果にヘッドラインとリンクのみが表示されるように変更される。

Googleウェブ検索やニュース検索は、リンク先ページの一部を引用・抜粋して検索結果に表示するが、こうした慣行に対してドイツメディアは以前から批判していた。ドイツでは2013年に改正著作権法(Leistungsschutzrecht)が成立し、メディアに対し検索サイトにニュース使用料を要求する権利を認めたものの、検索結果に一部を表示する「抜粋」は Google によるロビー活動の結果、例外扱いとされた。

その例外も認めず「メディアから引用した抜粋によって、直接的または間接的に得た全世界の総売上高の11%を支払うよう」求めた結果が、200以上のメディアが加入する著作権管理団体・VG Media による民事訴訟だった。

この訴訟に対する Google の判断が、検索結果に説明文や抜粋、サムネイルなどスニペット欄内に一切の情報を表示しない決定だ。今後、VG Media 加盟メディアの Webページについてはヘッドラインと、該当ページへの直リンクのみを表示する。

Google は声明の中で、どのメディアも我々のサービス上にコンテンツを掲載するか否か、そしてどのように掲載するのかをコントロール出来るにも関わらず、訴訟という選択をしたことは大変遺憾だとしつつ、この訴訟を踏まえて、今日我々はbild.de(ビルト) やbunte.de(ブンテ)、hoerzu.de、Axel Springer(アクセル・シュプリンガー)、Muncher Merkurなど有名なメディアの抜粋表示を停止すると述べている。

cf. (2週間後)独メディア、Google に「降伏」 検索結果に再び抜粋を表示するよう要請

High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/0/fc20e900-4988-11e4-80fb-00144feab7de.html#ixzz3HVnUWmXs

“However, given VG Media’s claim we’re further limiting the ways in which content from these publishers appears in our search and news products. The action we are taking is similar to steps taken by other providers.”[Google to stop publishing extracts from Axel Springer]

News zu News bei Google [Google Official Blog]
http://google-produkte.blogspot.de/2014/10/news-zu-news-bei-google.html

VG Media
http://www.vg-media.de/





記事カテゴリ:サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。