グーグル、「モバイルユーザビリティ」レポートを提供開始、ウェブマスターツールから利用可能

Googleがモバイル対応のユーザビリティの診断レポートを提供開始。ウェブマスターツールから利用出来る。ユーザビリティ上の問題点を指摘してくれる。無料。


公開日時:2014年10月29日 23:01

米Googleは2014年10月29日、Webサイトがモバイルユーザーに使いやすい状態になっているか診断する「モバイルユーザビリティ」の提供を開始した。Googleウェブマスターツールの「検索トラフィック」→「モバイルユーザビリティ」から利用できる。既に日本語にも対応している。

モバイルユーザビリティはモバイルユーザーがWebサイトで遭遇するユーザビリティ上の深刻な問題を表示する。例えば、「フォントサイズが小です」「ビューポートが設定されていません」「タップ要素同士が近すぎます」「コンテンツのサイズがビューポートに対応していません」「Flashが使用されています」といった具合のエラーが表示される。それぞれのエラーをクリックすると、さらに詳細なレポートを URL別に表示できる。

同社のJohn Mueller氏は、このウェブマスターツールのレポートに一度目を通して、どのようにその問題を解消できるかを考えることを薦めている。

Tracking mobile usability in Webmaster Tools
http://googlewebmastercentral.blogspot.ch/2014/10/tracking-mobile-usability-in-webmaster.html

モバイル ユーザビリティを重視する理由
https://support.google.com/webmasters/answer/6101188





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。