グーグル、「モバイルユーザビリティ」レポートを提供開始、ウェブマスターツールから利用可能

Googleがモバイル対応のユーザビリティの診断レポートを提供開始。ウェブマスターツールから利用出来る。ユーザビリティ上の問題点を指摘してくれる。無料。


公開日時:2014年10月29日 23:01

米Googleは2014年10月29日、Webサイトがモバイルユーザーに使いやすい状態になっているか診断する「モバイルユーザビリティ」の提供を開始した。Googleウェブマスターツールの「検索トラフィック」→「モバイルユーザビリティ」から利用できる。既に日本語にも対応している。

モバイルユーザビリティはモバイルユーザーがWebサイトで遭遇するユーザビリティ上の深刻な問題を表示する。例えば、「フォントサイズが小です」「ビューポートが設定されていません」「タップ要素同士が近すぎます」「コンテンツのサイズがビューポートに対応していません」「Flashが使用されています」といった具合のエラーが表示される。それぞれのエラーをクリックすると、さらに詳細なレポートを URL別に表示できる。

同社のJohn Mueller氏は、このウェブマスターツールのレポートに一度目を通して、どのようにその問題を解消できるかを考えることを薦めている。

Tracking mobile usability in Webmaster Tools
http://googlewebmastercentral.blogspot.ch/2014/10/tracking-mobile-usability-in-webmaster.html

モバイル ユーザビリティを重視する理由
https://support.google.com/webmasters/answer/6101188





記事カテゴリ:Google 2010-2016, サーチニュース 2014


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。