Looksmartエクスプレスが閉鎖? Webサイトにアクセスできず

リンクス運営のディレクトリ検索サイト・Looksmart がアクセスできず。site:www.looksmart.co.jp で検索してもインデックス数は大幅減少。


公開日時:2014年11月04日 05:47

リンクス株式会社が提供していた検索ディレクトリ「Looksmart(ルックスマート)」及び有料サイト登録サービス「Looksmartエクスプレス」が2014年11月4日現在、アクセスできなくなっている。

同社が2013年2月22日に開始した、カテゴリごとにWebサイトを分類・収録したリンク集。スマートフォンでの利用を想定、最適化したページを提供していた。また、当時のプレスリリースによると、Looksmartエクスプレスでサイトを登録すると250以上のサイトにリンクを掲載することができた。

直近3ヶ月で産経ディレクトリやBPNディレクトリが相次いで閉鎖しており、Google のスパム対策強化以後、検索ディレクトリが減少傾向にある(関連記事:「リンク販売」だった有料審査型ディレクトリ登録サービスの終焉)。

ちなみにドメイン looksmart.co.jp のもとで「ルックスマート」という名称が用いられていたが、かつて存在したオーストラリア発祥の企業で2004年4月にバリューコマース株式会社に営業権が譲渡されたルックスマートジャパンとは関係ない模様。

※ かつてのルックスマートジャパン:LookSmartは1995年にオーストラリアで創業。1998年に日本市場参入。エディタ編集によるディレクトリ検索サイトと検索連動型広告サービスを提供していた。当時は Googleアドワーズ広告、オーバーチュアスポンサードサーチに次ぐ存在だった。2004年1月に、それまで売上の2/3を支えていた Microsoft との広告配信契約が終了したことにより大打撃を受け、グローバル規模で事業再編に取り組んだ。日本法人のルックスマートジャパンはバリューコマースが新たに設立した100%出資子会社に引き継がれた。その後も事業展開に苦戦、2006年6月にディレクトリを閉鎖、同年9月にAdSense対抗のコンテンツターゲット広告・マッチスマートを開始したものの2007年12月に終了、旧ルックスマートジャパンが提供していた全てのサービスが消滅した)。米国の LookSmart は細々と事業を続けている。

cf. スパムディレクトリに登録しないために - (今更) SEOとディレクトリ登録の歴史
#
2004年まで存在したルックスマートジャパンとは関係ないですよね?万が一事実が違うようでしたらご指摘頂ければ幸いです。





記事カテゴリ:サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。