Facebook、新しい地域情報検索サービスを公開

Facebook がローカル検索を刷新。ロケーションAPIやグラフサーチ検索クエリ、ユーザー投稿コンテンツを密接に統合したサービス。観光ガイド的な装いのデザインに変わり、自分が興味関心あるエリアのお勧め情報を探しやすくなっている。


公開日時:2014年11月13日 11:05

米Facebook が新しい地域情報検索ディレクトリを公開した。Matteo Gamba氏らが報告している。

Facebook が持つグラフ検索、ロケーションAPI、ユーザーにより投稿された写真やレビュー情報を融合したサービス。例えば「札幌」と検索すると、札幌市内のおすすめアクティビティが今風のインターフェースで「レストラン」「ホテル」「バー」「カフェ」「アート・娯楽」に分類して一覧表示される。市内のお店でチェックインしてコメントや写真をアップしたユーザーの投稿を閲覧することができるほか、「最近のレビュー」には知人(いなければ他人)が最近投稿した該当地域のお店についてのレビューがカルーセルUI上に表示される。

全体的ににレビュー(評価、コメント)を発見しやすいようにデザインされているようだ。画面に表示されたお店をクリックすると、該当施設のビジネスページに移動して、最近のお店から発信された情報やユーザーのコメントを参照できる。

先月には米グルーポンも地域情報を充実させるための新サービス(参照:米グルーポン、Yelp対抗の新サービス「Groupon Pages」を開始)を立ち上げている。モバイル利用者による近隣のお店や施設情報を探索する検索需要が急増していることから、クチコミやレビュー情報を有する企業がその強みを生かして新たなユーザーを呼び込みたいという狙いが背景にあるようだ。

Matteo Gamba
http://www.matteogamba.net/blog/2014/facebook-places-redesign/

各都市の人気スポットをチェック (Discover great places in every city)
https://www.facebook.com/places





記事カテゴリ:サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。