米国のFirefox、Yahoo! Search が標準検索エンジンへ Mozillaと5年間の提携発表

米ヤフーがMozillaと提携、今後5年間、米国の Firefox のデフォルト検索エンジンへ。Google から Yahoo! Search に切り替えられる。新しい検索体験も提供。


公開日時:2014年11月20日 07:55

米Yahoo! は2014年11月19日、Mozilla と5年間にわたる戦略的提携を結んだことを発表した。今後、米国のデスクトップPC及びモバイルにおいて、Yahoo! Search がブラウザ Firefox の標準検索エンジンとして設定されることになる。

この合意に基づき、将来の製品との統合や他のマーケットへの配信機会を探るための構想も検討していくほか、Yahoo! は来月(2014年12月)に新しい検索体験を米国の Firefoxユーザーに提供する。この予定されている製品は、Mozillaチームの知見を反映した、クリーンで最新の、検索に没入できるデザインを採用しているという。2015年には全ての Yahoo! ユーザーに提供される予定だ。Yahoo! と Mozilla のブログに掲載されたスクリーンショットを見ると、Google の検索結果に近いデザインを採用しているようだ。

これまで Mozilla は Google と検索エンジンの契約をしていたが、Yahoo! がリプレイスすることになる。Google は自社の Chrome Browser を投入して Firefox のマーケットシェアを奪ってきたこともあり、両者の関係性は流動的だった。

米Yahoo! CEO・Marissa Mayer 氏は、検索は同社にとって投資と機会のある領域であり、また重要な成長事業であると延べ、今回の提携により検索のリーチを拡大し、Mozilla と協力して検索やコミュニケーション、デジタルコンテンツにおける革新をもたらすための方法を模索していくと語っている。

また、Mozilla は Yahoo!との提携発表にあわせて、従来の単一検索エンジンとのグローバル規模でのパートナー契約締結の方針を転換し、今後は各国・地域毎にパートナーを選定していく方針を明らかにした。同時に、標準検索エンジン以外にユーザーが任意で選択可能な検索プロバイダーも拡充していく。

既報の通り米国では Yahoo! が標準検索エンジンとなるが、Firefoxユーザーは予め組み込まれている Google, Bing, DuckDuckGo, eBay, Amazon, Twitter, Wikipedia から代替検索エンジンを選択することもできる。ロシアでは同国最大の検索シェアを握る Yandex(ヤンデックス)がデフォルト検索エンジンとなるが、同じく Google, DuckDuckGo, OZON.ru, Price.ru, Mail.ru, Wikipedia の中から代替サービスを選ぶことができる。中国は Baidu が標準となるが、同様に Google, Bing, Youdao, Taobao や他の中国ローカルな検索プロバイダーを設定可能だ。

上記以外の国においては引き続き Google が標準の検索エンジンプロバイダーとして設定されるものの、今後の Mozilla と Google との契約の行方によって変更が行われる可能性がある。ただし、Yahoo! / Bing 両者は検索事業にかかるリソースの大半を北米に投下しており、その他の地域で Yahoo! Search が Google と同等以上の検索体験を提供できるかというと疑問である。こうした背景を踏まえると、欧州やアフリカ(そして日本)では当面は Google が標準の検索エンジンとして採用される可能性の方が高いだろう。

なお、セーフブラウジングとジオロケーション機能は引き続き Google がグローバルで提供していく。

New Search Strategy for Firefox: Promoting Choice & Innovation
https://blog.mozilla.org/blog/2014/11/19/promoting-choice-and-innovation-on-the-web/

Yahoo and Mozilla Partner to Bring Yahoo Search to Firefox
http://yahoo.tumblr.com/1313

Yahoo and Mozilla Form Strategic Partnership
https://investor.yahoo.net/releasedetail.cfm?ReleaseID=883960


#
[UPDATE] 2014/11/22 大幅に加筆しました

これは米 Yahoo! の、米国市場向けの話で、日本は関係ありません。関係ありませんし、検索のビジョンや理念がない会社には難しいかもしれません。





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST, サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。