GMOグループのディレクトリ登録「SASOU Directory」、2014年12月末で終了

GMOアドパートナーズ、ディレクトリ登録サービスSASOU Directoryを12月26日で終了すると発表。運営実態が実質的な有料リンク販売とみなされたことでサービス継続が困難になったことが原因か。


公開日時:2014年12月08日 18:29

GMOアドパートナーズ株式会社は、希望のWebサイトをディレクトリ(カテゴリ毎にサイトを分類掲載したリンク集のこと)に有料で掲載できる登録サービス「SASOU Directory(サソウディレクトリ)」を2014年12月26日に終了すると発表した。

cf. ディレクトリ登録サービス・Looksmartエクスプレスが閉鎖

SASOU Directory は2011年にサービス提供が始まった。当初は The Japan Times や Pandora.tv、スポニチAnnex、うたまっぷ、まぐまぐ、teacup など GMOグループのメディアを中心とするウェブサイトをパートナーとして迎え、各サイトに専用のリンク集が設置された。有料の掲載審査を通過したサイトは、これらのリンク集に掲載されることにより、たくさんの集客が見込めることをメリットとして挙げていた。

実際には同社サイト内に「AクラスでIP分散した掲載サイト、それぞれのカテゴリページがオリジナル化されています」(引用元)「「SASOU Directory SP」の審査を通過し、登録することで、複数の優良サイトに登録、良質なリンクを獲得することでSEO効果が期待できます」(引用元)「カテゴリページ自体が「同じ内容のリンク集」と見られるリスクが少なく [略] お客様サイトとコンテンツの親和性の高いページからリンクを得ることで、より高いSEO効果を期待できます。」(同)といった商品説明がある通り、外部リンク獲得を希望するウェブマスター向けのSEO的な性格が強いサービスだった。

cf. 産経デジタル、SEO関連サービス「産経LPO」と「産経Directory」を9月30日で終了

しかし2013年夏、Google が日本国内のディレクトリ登録サービス提供各社にガイドライン違反を指摘する通知が送付された。審査という名目ながら実質的に金銭授受が絡むリンク売買(有料リンク)と判断されたためだ。この通告を受け同業各社は発リンク(掲載サイトに向かっているリンク)を外す、あるいは nofollow を加えて検索エンジンに評価を与えないようにする(つまりSEO的なリンク価値をゼロにする)対応を迫られることになった。最短1営業日の審査を謳っていたSASOU Directory も同様の対応を迫られ、パートナーサイトに掲載されたリンク集の全ての発リンクには nofollow が追加されていた。

しかし既報(参照:実態が「リンク販売」だった有料審査型ディレクトリ登録サービスの終焉)の通り、SEO的に価値を生まないリンク集へお金を払って登録したいという需要もなければ、ディレクトリサイトを継続運営する意味も失われる。よって2013年冬以降、相次いでディレクトリ登録のサービス終了や閉鎖が相次ぐこととなった。

cf. グーグル、複数のディレクトリサイトに警告&ペナルティを実施 - SEO目的の有料リンクと認定・排除へ

SASOU Directory もGoogle による人工リンク取り締まり強化を受けてパートナーのリンク集サイトの発リンクにnofollow を加える一方で新規の申し込み受け付けを停止していた。今回のサービス終了発表について終了理由等の発表は行われていないが、上記のような背景により、事業の将来性がないと判断されたためと推察される。

cf. SEOとディレクトリ登録の歴史

#
提携パートナー配信型のビジネスモデルを採用したディレクトリ登録サービスの生き残りはクロスレコメンドさんくらいですかね?





記事カテゴリ:サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。