Googleニュース スペイン版の閉鎖を決定 改正著作権法が原因

Google News スペイン語版の閉鎖が決定。同国で施行される改正著作権法により、ニュース検索結果に記事の一部でも引用する場合はライセンス料を支払う必要が生じるため。


公開日時:2014年12月11日 12:13

Googleは2014年12月10日、スペイン国内のニュース検索サイトを閉鎖することを公式ブログで発表した。同国で来年1月から施行される新しい著作権法が原因。

cf. スペインも「Google税」徴収へ 新しい著作権法可決、ニュース記事抜粋表示に使用料求める

新著作権法により記事抜粋時に利用料支払い義務が発生

2015年1月から施行される改正著作権法は、スペイン国内のパブリッシャーが発行した記事から、たとえ僅かでもその一部を抜粋(スニペット、引用)して使用する際はライセンス費用を同国内新聞社で組織するAEDEに対して支払うことが義務づけられる。


広告売上げのない Google News の事業継続困難に

Googleニュース責任者のRichard Gingras氏は、Googleニュース検索結果そのものは広告を掲載していないため、スペインのような法制度の下では持続的な事業展開が困難と判断し、ニュースサイトの閉鎖を決断したという。今回の法律はスペイン国内のパブリッシャーが発行する全ての記事が対象であるため、スペイン語版の閉鎖に加えて、世界各国語版の Googleニュース検索においても同国の記事は検索できなくなる。

日本時間の12月11日午後0時時点でまだ Google News スペイン版はアクセス可能だが、法律施行前に閉鎖され、全てのスペイン国内の記事は同社ニュース検索結果から削除される予定だ。なお、Googleウェブ検索など他の検索結果は影響を受けないため継続される。


スペインメディアの自殺行為?

欧州ではあの手この手で Google税を課そうという動きが絶えないが、今回のスペインの決定が他の欧州各国に波及する可能性が低そうだ。ドイツ国内でも同様の動きがあったものの、Googleニュースからのトラフィック大幅減により事業が立ちゆかなくなったドイツ出版各社は降服している。

cf. メディア、Google に「降伏」 検索結果に再び抜粋を表示するよう要請

cf. Google、検索結果にドイツWebメディアの抜粋表示を停止、民事訴訟受けて


An update on Google News in Spain
http://googlepolicyeurope.blogspot.jp/2014/12/an-update-on-google-news-in-spain.html

Google News スペイン版
http://news.google.es/


#
スペイン国内の出版社事情について詳しくないのですが、Googleニュースそのものが消滅しても同国のオンライン版サイトはビジネス的に大丈夫なんでしょうか。ドイツは出版社側が2週間で Google に泣きついたわけですけれど。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。