Google Chrome Canary版、非HTTPS(暗号化していない)ページに赤いバツ印を表示

Google Chrome (Canaryビルド)で、HTTPS/SSLを採用していないサイト訪問時にその旨を表示できる機能を有効化できるオプションを用意。


公開日時:2015年01月30日 12:53

Google に勤務する Ilya Grigorik 氏が、Google Chrome Canary版(ナイトリービルド、開発者向け)の最新版に、HTTPS(暗号化)通信していないサイトにアクセスした時に、安全でないことを示すアイコン(赤いバツ印)がアドレスバーの URL 左側に表示されるようになったことを Google+ で報告している。


デフォルトでそうなっているわけではなく、chrome://flags/#mark-non-secure-as から Mark non-secure origins as non-secure を設定することで、機能を有効にすることが可能だ。

Google は安全なインターネットを実現するために世界中のウェブサイトに HTTPS を導入したいと考えており、その理念を実現するための動きの1つと捉えられる。

cf. Google、HTTPSサイトの検索ランクを優遇へ(2014/08)

ただ、この話題はSEOの問題ではない物事をSEOの側面から捉えようとする一部のSEOマニアが敏感に反応しているだけという側面もある。海外の知人に聞いても反応は両極端に分かれた。例えば一部のブロガーは本件を「安全ではない警告マーク」と表現しているが、これ自体は本当に”一般ユーザーが”「警告」と捉えるのかは疑問が残る。何かバツ印がついているからページが壊れているのかな?と捉える人もいるだろう。商品購入時などにこの印が出ていたらちょっと嫌だなと思うかもしれないが。

本質的には SSL と SEO は結び付けて考える問題ではなく、実務上、SSL化が必要なら導入すればよいだけの話であることに留意してほしい。それを踏まえて SEO 観点から意見を出すのであれば、「SEOのために」急いでWebサイトを HTTPS に移行させる必要は全くない。コストもかかるし何の問題もなく完全に移行させることは難しいためだ。

Marking HTTP As Non-Secure
https://www.chromium.org/Home/chromium-security/marking-http-as-non-secure


#
みんな Google の手のひらで踊らされすぎ





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。