Google、検索順位の「微調整」実施、アップデートは否定

グーグル、2月5日~6日の検索順位変動について、いつもの検索結果の調整(マイナーチェンジ)を行っただけで、アップデートは否定。


公開日時:2015年02月07日 09:30

2015年2月5日~6日にかけて、Google のオーガニック検索順位が大きく変動したことが確認されている(私が勤務するアイレップ内のデータでも確認している)。検索順位変動状況を観測してレポートを一般公開している Mozcast と Algoroo のいずれも大幅変動があったことを示したことで、SEO業界関係者の間ではアルゴリズムが更新されたのではとの憶測も流れていたが、世界最大の検索会社は6日、アップデートを否定した。

Search Engine Land が Google に質問したところ、同社は「いつものように検索結果にマイナーチェンジを施しているが、現時点で発表する特定のアップデートはない」と回答した。また、ペンギンアップデートパンダアップデートと関係もないという。


We asked Google about this and the company told us that, “as usual,” it is “continuing to make tweaks” to the search results but at this time, it has no “specific “update” to announce.” Google also confirmed that whatever the community and the tools spotted, it was unrelated to the Google Panda Update or the Google Penguin update. [Google Confirms Making “Tweaks” To The Search Results But Says No “Update” To Announce, SearchEngineLand, February 6, 2015]

手元にある変動データを解析したところ、日本国内では、2~3語の掛け合わせキーワードで全体的に検索順位が大きく変動していることを確認している。ただ、ペンギンやパンダと関連付けられるような傾向は見られなかった。また、昨年末のベニスアップデートに関連する、地域性の高いクエリでも変動が見られるが、関係性も不明だった。


#
Google は、大きく検索順位に変動を及ぼす可能性のある検索アルゴリズムの変更だけを一般に発表しています。今回は、その Google の公表基準を満たしていないということでしょう。あるいは、SEO業界内の人達が言う「アップデート」と、Googleが言う「アップデート」の言葉の定義が違うので、SEO業界的にはアップデートでも、Googleの定義に当てはまらなければアップデートが否定されるという事情もあります。今回は tweaks と呼んでるので、そのまんまなんでしょう。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, 検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。