ウェブマスターツールが名称変更、Google Search Console へ

10年近く提供されてきた「Google Webmaster Tools」の名称を、Google Search Console(サーチコンソール)へ変更。Google 検索に関心を寄せるすべてのユーザーに向けたサービスを提供していくとのこと。


公開日時:2015年05月20日 23:51

グーグルは2015年5月20日、10年近く提供してきたウェブマスター向けのツール「Google Webmaster Tools」の名称を、「Google Search Console」(サーチコンソール)へ変更することを発表した。

Googleウェブマスターツールは、2005年6月3日にリリースされた、XMLサイトマップページを送信する機能「グーグル・サイトマップ」を起源とする。このXMLフィード送信機能が「ウェブマスターツール」へと名称変更され、クロール状況やサイト掲載状況、検索クエリレポートなど数々の機能が追加されて今日に至っている。

サーチコンソールへ名称変更した理由について同社は、Google 検索に関心を寄せるすべての人を対象としてサービスを提供するためと説明している。ウェブマスターツールは名前こそ「ウェブマスター」とあるものの、実際には小規模事業者からSEO専門家、マーケティング担当者、デザイナー、アプリ開発者など様々なユーザーが利用していたためだ。

今回の名称変更にあわせ、同社はサービスを充実させていく計画。

Announcing Google Search Console - the new Webmaster Tools
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2015/05/announcing-google-search-console-new.html

"Google Search Console" - ウェブマスター ツールが新しくなりました
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/05/announcing-google-search-console-new.html





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。