米Google、検索結果からリベンジポルノ削除の方針を発表

グーグル、元恋人の裸の写真や動画を流出させるリベンジポルノについて、被害者からの要請に応じて自然検索結果から削除する方針を表明。


公開日時:2015年06月23日 09:49

米Google は2015年6月19日、恨みや復讐目的で元交際相手の裸の写真をインターネットに公開する「リベンジポルノ」について、被害者からの要請に応じて自然検索結果から削除する方針を発表した。

削除対象はリベンジポルノのほか、ハッカーが被害者のアカウントに不正にアクセスして入手・流出させた画像も含まれる。同社検索担当上級副社長・Amit Singhal(アミットシンガル)氏は公式ブログで、『我々は検索はウェブ全体を反映すべき(※あらゆる情報を網羅すべき)との哲学を掲げている。しかし、リベンジポルノは極めて個人的で精神的苦痛を与える行為であり、被害者を貶めるだけであり、その被害者の多くは女性である』と述べ、被害者からの削除要請があれば検索結果から対象の画像や動画を削除する方針と決定したと述べている。

リベンジポルノの削除申請フォームは数週間以内にウェブに公開される予定。

日本でもヤフーが今年3月に発表した検索結果の削除基準において、『第三者の閲覧を前提としていない私的な性的動画像が掲載されている場合』は削除に応じる方針を明らかにしている。


“Revenge porn” and Search
http://googlepublicpolicy.blogspot.jp/2015/06/revenge-porn-and-search.html


「検索結果とプライバシーに関する有識者会議」の報告書を公表
http://publicpolicy.yahoo.co.jp/2015/03/3016.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019, 検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。