Google, Twitter, Facebook, ヘイトスピーチを24時間以内に削除で合意 ドイツ政府

グーグル、フェイスブック、ツイッター、ドイツのヘイトスピーチ問題に対処、24時間以内に問題の書込削除でドイツ政府と合意


公開日時:2015年12月22日 10:45

ロイター通信などの報道によると、ドイツ政府は2015年12月15日、シリア難民問題を受けてネットで増加しているヘイトスピーチ(差別的発言)について、Google、Facebook、Twitter が書込を発見してから24時間以内に削除することで合意したと伝えた。

3社はヘイトスピーチに対応する特別チームを組織、一般ユーザーや反差別主義団体が問題の発言を各サービス会社に報告しやすいようにする。ヘイトスピーチはドイツの法律で禁止されており、ウェブ企業が憎悪的発言を放置していることにウェブユーザーからも批判が上がっていた。

Facebook は、タイムラインで発見したヘイトスピーチを同社に簡単に報告するためのレポーティング機能を用意した。

ドイツ国内の自然検索結果から削除されたヘイトスピーチが国外から検索できるかどうかは明らかになっていない。





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。