米国検索エンジンシェア (2015年11月) Google 63.9%、Microsoft 20.9% comScore

米調査会社comScore による米国デスクトップPCにおける検索エンジン市場シェアランキング。


公開日時:2015年12月25日 12:33

米comScore は2015年12月16日、同社 qSearch データによる米国デスクトップPCにおける2015年11月の検索エンジンランキングを発表した。

シェア別1位は Google の 63.9%、2位は Microsoft (Bing) の20.9%、3位の Yahoo! は 12.5%だった。Microsoft は2015年3月以来、20%以上の市場シェアを維持している。一方、同月における米国全体(デスクトップPCのみ)の合計検索クエリ数は 181億5,800万クエリ。うち Google が 116億700万クエリを処理した。2位の Microsoft は36億2,400万クエリ、3位の Yahoo! は 21億5,500万クエリ。


米国検索エンジン市場シェアの推移 (2006年1月から2015年11月)


米国の検索エンジンシェア 2006年1月から2015年11月, 集計元データは comScore 発表資料に基づく

comScore が毎月発表してきた米国の検索エンジン市場シェアのデータを2006年1月から集計すると、上記のグラフの通りとなる。青色が Google、赤色が Yahoo!、オレンジ色が Bing を表している。2006年1月時点では Google が 41.4%、Yahoo! が 28.7%、Microsoft が 13.7% だったが、2007年から2008年にかけて Google の検索シェアが急激に拡大、以後は 65%前後を推移していることがわかる。

Yahoo! と Microsoft は検索事業で提携し、2010年8月にBing への移行を完了した。しかし検索シェアの推移を追うと、2012年1月~2月で両者が横並びとなり、以後は Bing が検索シェアを 20% まで伸ばしたのに対し、Yahoo! は 12-13%前後で低迷している。検索事業の提携合意時点の16.8%から4ポイント落としたことになる。


comScore Releases November 2015 U.S. Desktop Search Engine Rankings
http://www.comscore.com/Insights/Market-Rankings/comScore-Releases-November-2015-US-Desktop-Search-Engine-Rankings





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。