e-まちタウン、ディレクトリ登録サービスを終了

e-まちタウン、SEO 効果をうたっていた同社運営地域サイトへの有料掲載サービスを終了。Google から人工リンクとみなされていた。


公開日時:2016年02月07日 18:35

e-まちタウン株式会社は2015年11月30日、PCサイト登録審査サービス「e-まちタウンビジネスリスティング」および同「モバイルビジネスリスティング」を終了した。同社が管理・運営していたディレクトリはすべて閉鎖された(関連:グーグル、複数のディレクトリサイトに警告&ペナルティを実施 - SEO目的の有料リンクと認定・排除へ)。

e-まちタウンビジネスリスティングは、同社が運営する地域情報サイトに設けられたディレクトリサイトへの掲載ができる有料サービス。同社のサービス紹介ページでは、1つ1つの地域タウンサイトが独立した IPアドレスを割り当てたサーバで運営されており、SEOの効果が期待できる外部リンクを効率よく獲得できることをアピールしていた。「eまちタウンビジネスリスティングを利用すれば一気に316サイトの古いドメインのサイトからのリンクが獲得できます」といったSEO専門家による推薦メッセージによるアピールしていた時期もあり、一部のウェブマスターやSEO会社が積極的に登録していた。

しかし2010年以後、Google がディレクトリを装いつつ実質的にリンク売買に等しいディレクトリ検索サイトに対して厳しい対策を実施したこともあり(関連:実態が「リンク販売」だった有料審査型ディレクトリ登録サービスの終焉)、e-まちタウンも対応を迫られていた。しばらく登録受付を中止していたが、今回、正式にサービス終了となる。

e-まちタウンに掲載をしていた場合は Google から不自然なリンクという理由でガイドライン違反の指摘を受けている可能性があるが、今回のサービス終了にともなってすべてのサイトが閉鎖されたため、ウェブマスターから(リンクの)削除要請をする必要はない。

e-まちタウンビジネスリスティング
http://web.archive.org/web/20150416044444/http://dir.emachi.co.jp/service.html

e-まちタウン閉鎖のお知らせ
http://ageo-town.com/

e-まちタウンサイトは2003年より多数の皆さま方よりご利用いただいてまいりましたが、このたび地域ポータルサイトとしての役割を一度見直すこととなり、2015年11月30日をもちまして、サイトを閉鎖させていただくことになりました。


#
地域情報タウンサイトというコンセプトだったわけですし、Yelp みたいな地域情報サイトとして発展させるという道はなかったのかしら。





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。