Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ

グーグル、検索結果の右側に表示していた広告を廃止。この変更はすでに全世界で展開中。モバイルと一貫した検索体験を提供する、モバイルファーストに沿った戦略か。


公開日時:2016年02月20日 10:50

Search Engine Land によると、米Google がデスクトップPCの検索結果画面の右側の広告枠を撤廃することが明らかとなった。

この大きな変更は全世界で実施され、2月20日時点で日本国内および米国内の検索結果の右側の広告が表示されなくなったことを確認している。ただし、例外として PLA広告のみ引き続き表示される(また、広告ではないがナレッジパネルも引き続き表示される)。

※ 全世界で変更を適用中のため、ブラウザによってまだ広告が右枠に表示されることがあります

一方で、検索結果上部の広告枠については、需要の高い商業検索クエリに限り、新たにもう1つの広告枠を追加する(従来の広告枠3に1つ追加されるので、合計4枠)。たとえば「保険」「転職」「キャッシング」「旅行」といったクエリだ。


Confirmed: Google To Stop Showing Ads On Right Side Of Desktop Search Results Worldwide
http://searchengineland.com/google-no-ads-right-side-of-desktop-search-results-242997#.VseiHrmK_o0.facebook

"We've been testing this layout for a long time, so some people might see it on a very small number of commercial queries," per a Google spokesperson. "We'll continue to make tweaks, but this is designed for highly commercial queries where the layout is able to provide more relevant results for people searching and better performance for advertisers." [Google spokesperson, Google Drops Text Ads From Right Side Of Search Results Page, Agencies Weigh In, MediaPost, February 20, 2016]


解説:モバイルとデスクトップPCで一貫した検索体験を提供する狙いか

PC向け検索結果の右側の広告を廃止したのは、広告がクリックされなくなったからではなく、デバイスを問わず、一貫した検索体験を提供したいのでしょう。スマホではスクリーンサイズ的に画面の右側に広告を表示することは不可能です。また、統一したユーザインターフェースであれば、モバイルに投入した新しい機能をデスクトップPC画面に反映させやすくなります。モバイルの検索数がデスクトップPCを超えた、つまりモバイル検索が「標準」になってきているのですから、そちらにあわせた方が合理的ですよね。

Google がこうした大きな検索結果画面を変更したことで、今後、ライバルである Bing や Yahoo!(US)も(少なくとも検索結果の右側広告枠の廃止について)追随してくる可能性は高いでしょう。世界でもっとも利用者の多い検索エンジンの UI に会わせざるをえませんからね。ただ、画面上部の広告表示枠は各社どういう判断をするでしょうか。一方で日本の Yahoo!検索はどうするのでしょうか。





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。