Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に

すべてのパブリッシャーが2016年4月12日よりFacebook の Instant Articles(インスタント記事)を利用出来るようになる。既存の効果測定ツールやCMSを使って、直接 Facebookニュースフィードにニュース記事を配信可能に。


公開日時:2016年02月22日 07:18

米Facebook は2016年4月12日より、パブリッシャーがニュース記事を直接、Facebook のニュースフィードに配信するサービス「Instant Articles(インスタント記事)」を全てのパブリッシャーが利用可能になると発表した。

Instant Articlesは、モバイル環境におけるページ読込速度の遅さがニュース閲覧体験を損ねている問題を解決するためのサービスの1つ。Instant Articlesに対応すると、Facebook 上で高速にニュース記事を表示することが可能になり、ユーザーはサイトを移動することなく素早く全文を閲覧できるようになる。同機能は2015年5月から順次提供が開始され、今年1月には日本経済新聞や東洋経済などがテスト導入を開始した。米国では Instant Articles を中心にビジネスを展開しているメディアも登場している。

パブリッシャーは Instant Articles の広告やデータ、体裁などを完全に自社で管理することができ、自社販売広告の収入も 100%全額受け取ることが可能。あるいは Facebook's Audience Network による広告を表示することも選べる。また、Google Analytics や Adobe Sitecatalyst、comScore attribution など既存のウェブ分析ツールや広告効果測定ツールも Instant Articles で利用できる。一方、ペイウォール(月あたり一定数以上の記事を閲覧したい時は有料という課金モデル)は現時点で対応していない。

Instant Articles は iOS または Android 用 Facebookアプリから利用可能。


Opening Up Instant Articles to All Publishers
http://media.fb.com/2016/02/17/opening-up-instant-articles/

Welcome to Instant Articles
https://developers.facebook.com/docs/instant-articles





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。