Googleモバイル検索、全検索結果にAMPページ表示へ

Google が AMPの表示対象範囲を拡大。従来のトップニュース枠から、全検索結果へ。まずは開発者プレビューを提供、今年後半に一般ユーザーへ提供か


公開日時:2016年08月05日 09:55

グーグルは2016年8月3日(米国時間2日)、AMP(Accelerated Mobile Pages)ページをモバイル検索の全検索結果でサポートすることを明らかにした。開発者プレビューが公開され、ユーザーや開発者、サイト運営者からのフィードバックを集める。今年後半にはより多くのユーザーが利用できるようにする計画だ。

AMP プロジェクトとして今年2月に Googleモバイル検索の「トップニュース」枠に限定して AMP へのリンク表示を開始した。これが同枠だけでなく、すべての検索結果枠内に AMPへのリンクを表示するように拡大するというのが今回の発表だ。検索結果に表示されるページが AMP版を用意している場合、検索結果に AMP のラベルと共にリンクが表示される。

同社のDavid Besbris氏(エンジニアリング担当VP)によると(SearchEngineLand)、AMP化ページを用意することによるオーガニック検索順位への影響は一切ないという。今回はあくまで表示対象範囲の変更であって、アルゴリズムの話ではない。

開発者プレビュー(モバイルからアクセス)
http://g.co/ampdemo

AMP 化しよう: Google モバイル検索における AMP ページへのリンク機能のプレビュー
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2016/08/amp-your-content-preview-of-ampd.html

AMP breaks out of news into the main Google search results
http://searchengineland.com/amp-breaks-news-main-google-search-results-254965


#
AMP はまだまだ様々な制約や制限があるので、モバイル対応ページ自体は必要。アプリ、ウェブ(モバイル/PC)、AMPとあっても企業のリソースは有限なので困るところではありますよね。





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。