Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表

グーグルが Google Assitant を発表。Google Home や Google Pixel をはじめ、音声検索(ハンズフリー)でのより自然な対話的検索を可能にする。


公開日時:2016年10月06日 16:16

米Google は2016年10月4日(現地時間)、Google Assitant(グーグル・アシスタント)を発表した。従来から提供してきた Google Now の次世代的な位置づけの製品で、人工知能(AI)や機械学習を活用した、ユーザーとより対話的なユーザーインターフェースを提供する。

Google Assitant は先月発表された Google Allo にもプレビューエディション版を搭載しているが、同時に発表された Google Home や Google Pixcel の製品でより効果的な活用が行える。また、来年リリースが予定される SDK と API.ai を使うことで、さまざまな製品に Google Assitant を搭載することが可能になる。

Meet your Google Assistant, your own personal Google

Ask it questions. Tell it to do things. It’s your own personal Google, always ready to help

最終的には、デバイスに一切触れることなく、Assistant に尋ねれば必要な情報がすべて手に入れられる、ハンズフリーな検索の世界を制覇する狙いがあると考えられる。


Google Assitant とは

Google Now で提供してきた音声検索をより進化させたもので、会話的なやりとりで日常のあらゆる物事を検索することができる。Google Now が「検索結果」を提供するのに対して、Google Assitant はより簡潔な「回答」を表示する。また、Google Now よりもさらに進化したAIを搭載する。近くのレストランを尋ねれば、(What are some Chinese restaurants nearby?)条件にあった飲食店を返し、今日は傘が必要か(Do I need an umbrella today?)を尋ねると、現在地の天気予報をカードで表示する。何か面白いこと教えて(Tell me something interesting)と質問すると、"Author and artist Dr. Seuss coined the word "nerd" in his 1950 book "If I Ran the Zoo" といった豆知識を返してくる。

あらゆる質問に答えられる Google Assitant だが、現状ではコマースサイトでの購入には対応していない。たとえば Amazon は Alexa で (Amazon.comの)商品注文が可能で、Facebook もベータ版ながらいくつかのパートナーと Facebook Messenger を通じてお買い物ができるが、Google は現時点では未定だ。


Google Assitant
https://assistant.google.com/

Meet your Google Assistant
https://support.google.com/assistant/answer/7108196

What info is shared with your Google Assistant
https://support.google.com/assistant/answer/7122376?hl=en&ref_topic=7122195





記事カテゴリ:Google 2010-2019, 検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。