元グーグル検索部門トップのAmit Singhal氏が Uber へ

元Google のアミット・シンガル氏がウーバーへ。マットカッツ氏は正式に Google 退社を発表し、米政府系機関の USデジタルサービスヘ。


公開日時:2017年01月23日 13:06

元Google 検索担当上級副社長 (SVP) のAmit Singhal (アミット・シンガル)が、米タクシー配車大手のウーバー・テクノロジーズにエンジニアリング担当上級副社長として就任したことが明らかとなった。

検索部門を率いた Amit Singhal

Amit Singhal 氏は2000年に Google に入社。検索アルゴリズムの開発に携わり、当時の Google検索亜リゴリズムの書き直しをしたことで知られる。ウェブマスター向けには検索技術の仕組みや背景を理解してもらうためにインタビューなどでたびたび情報発信を行っていた。2016年2月に Google を退社している。


Matt Cutts 氏は正式に Google 退社を発表

2014年から長期休暇を取っていた元 Google の Matt Cutts(マット・カッツ)氏が2016年12月末をもって Google を退社したことを正式に発表した。ずっと以前から米政府系機関の USデジタルサービスに勤務していたことは明らかとなっていたが、Google 退社を決断し、同政府機関で働く道を選んだとのこと。現在はエンジニアリングディレクターとして働いている。

マットカッツ氏は Google でウェブスパムチームトップとして、また SEO業界においては世界中のウェブマスターとの対話の窓口として長年、貢献してきた。世界中のサイト担当者や SEO専門家から寄せられる数々の質問に、フォーラム(掲示板)や YouTube、Twitter などのメディアを通じて回答をしたり、SMX など検索関連のカンファレンスにスピーカーとして登壇し、Google 検索やその理念を正しく理解してもらうための活動に従事していた。


Google 退社のあいさつ
https://plus.google.com/+AmitSinghal/posts/4PEmsWv8WYe


Staying with the US Digital Service
https://www.mattcutts.com/blog/join-the-us-digital-service/

US Digital Service
https://www.usds.gov/mission





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。