グーグル、翻訳アプリのリアルタイム翻訳が日本語対応

グーグルが翻訳アプリを更新し、日本語のリアルタイムカメラ翻訳機能に対応。カメラで翻訳したい単語や文章にかざすと瞬時に翻訳。


公開日時:2017年01月26日 13:46

グーグルは2017年1月24日、スマホ向けの翻訳アプリ「Google翻訳」をアップデートし、日本語翻訳に対応した。

同アプリはリアルタイムカメラ翻訳機能を搭載しており、翻訳したい文章にスマホ搭載カメラを向けると、指定した言語に瞬時に翻訳する機能を持つ。英語と欧州言語は2015年から対応していたが、今回ようやく日本語に対応した。単に言語を表示するだけでなく、もともとあった文字の位置にあわせて翻訳後の言語を表示してくれる。

基本的に街中の案内板やレストランのメニュー、商品棚の名前など、ユーザーが異国で出会うわからない単語の理解を想定しているため、長文の翻訳には適さない(長文であれば、Google の他の翻訳サービスを利用すればよい)。また、現時点では日本語・英語間の翻訳の精度はまだ改善の余地がありそうだ。

#
昨年、コペンハーゲンとストックホルムを訪れたときに、Google翻訳アプリが重宝しました。どちらの国も英語は通じるのですが、街中やデパートの案内版はいずれもデンマーク語やスウェーデン語のみで表記していることが多かったのですが、翻訳アプリを使って理解できました。


Google 翻訳
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.translate&hl=ja





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止
Bing、ゲーム・オブ・スローンズの検索体験を高める新機能を追加
ヒュンダイ、Google Assistant と連携、リモートで自動車に音声指示が可能に
Google MFI、サイト単位で導入予定
Yahoo!カテゴリ、2018年3月末に終了 20年以上の歴史に幕
GoogleがEU競争法に違反、制裁金3,000億円支払い命じる 欧州委員会
グーグル、求人情報検索「Google for Jobs」を公開
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。