YouTube、視聴回数1万未満の動画への広告配信停止

YouTube が パートナープログラムを改訂し、視聴数が1万未満の動画に広告配信を停止することを発表。


公開日時:2017年04月07日 14:10

米YouTubeは2017年4月6日、YouTubeパートナープログラム(YPP = YouTube Partner Program)を改訂し、視聴回数が1万未満の動画への広告を表示しないようにした。

同社は YPP を2007年に提供開始し、クリエイターが動画を通じて収益を得る手段を提供した。しかし共有動画市場の拡大とともに、第三者が制作した優れた独自性のあるコンテンツを再アップロードして収入を得るといった問題のある投稿も増えたという。

こうした問題に対処するため、YouTube は同日より視聴数が1万未満の動画への YPP を通じた広告配信を停止する決定をした。1万未満という閾値は、動画チャネルの信頼性を判断するための十分な情報になるという。

また数週間のうちに、YPP登録にかかわる新しい審査手順を導入する。視聴回数が1万を超えた時点で、ポリシーガイドラインに準拠しているか審査し、問題がないと判断されれば YPP に登録されて広告配信が受けられる。

Introducing Expanded YouTube Partner Program Safeguards to Protect Creators
https://youtube-creators.googleblog.com/2017/04/introducing-expanded-youtube-partner.html

Introduction to the YouTube Partner Program
https://support.google.com/youtube/topic/14965?hl=en&ref_topic=2676320

report an impersonating channel
https://support.google.com/youtube/answer/2801947?hl=en





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。