スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超

eMarketer によるスマートスピーカー(音声操作デジタルアシスタント端末)の市場シェア。Amazon が 70.6% でリード、Google Home は 23.8%だった。


公開日時:2017年05月11日 14:02

eMarketer は2017年5月8日、米国のスマートスピーカー(音声操作スピーカー)の市場シェアを発表した。同調査ではスマートスピーカーを音声操作デジタルアシスタントを主機能として持つスタンドアロン型端末と定義している。つまり Google Home や Amazon Echo は含むが、Google Assistant 対応スマホは含まない。

米国のスマートスピーカー製品シェア

同調査によると、3,560万人の米国人が少なくとも月に1度、スマートスピーカーを利用しており、前年比で128.9%増加した。製品別でみると、Amazon Echo が 70.6% でトップ、続いて Google Home は 23.8% だった。その他、Lenovo や LG、Harmon Kardon、Mattel などいくつかのメーカーも同市場に参入しているものの、合計で 5.6% に過ぎなかった。

Google Home は昨年末に発売されており、先行する Amazon Alexa のシェアは減少することが予想されるが、当面は市場をリードすることになりそうだ。

一方、音声操作デジタルアシスタントのソフトウェアを搭載する端末全体でみると、利用者は年々増加している。eMarketer は デジタルアシスタントの利用が 2017年に 23.1%増加すると予想している。今年は 6,050万人の米国人が Apple Siri や Microsoft Cortana や Google Assistant といったデジタルアシスタントを少なくとも月に1度利用している。年代別にみると、25歳から34歳がヘビーユーザーで全体の 26.3% を占める。世代別にみると、ミレニアル世代にもっとも利用されている。

スマートスピーカー 世代別利用者数

米Microsoft は2017年5月10日、スマートスピーカー市場への参入を発表しており、同社の人工知能を活用したソフトウェア Cortana を搭載した製品を投入する計画。

Alexa, Say What?! Voice-Enabled Speaker Usage to Grow Nearly 130% This Year
https://www.emarketer.com/Article/Alexa-Say-What-Voice-Enabled-Speaker-Usage-Grow-Nearly-130-This-Year/1015812





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。