スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超

eMarketer によるスマートスピーカー(音声操作デジタルアシスタント端末)の市場シェア。Amazon が 70.6% でリード、Google Home は 23.8%だった。


公開日時:2017年05月11日 14:02

eMarketer は2017年5月8日、米国のスマートスピーカー(音声操作スピーカー)の市場シェアを発表した。同調査ではスマートスピーカーを音声操作デジタルアシスタントを主機能として持つスタンドアロン型端末と定義している。つまり Google Home や Amazon Echo は含むが、Google Assistant 対応スマホは含まない。

米国のスマートスピーカー製品シェア

同調査によると、3,560万人の米国人が少なくとも月に1度、スマートスピーカーを利用しており、前年比で128.9%増加した。製品別でみると、Amazon Echo が 70.6% でトップ、続いて Google Home は 23.8% だった。その他、Lenovo や LG、Harmon Kardon、Mattel などいくつかのメーカーも同市場に参入しているものの、合計で 5.6% に過ぎなかった。

Google Home は昨年末に発売されており、先行する Amazon Alexa のシェアは減少することが予想されるが、当面は市場をリードすることになりそうだ。

一方、音声操作デジタルアシスタントのソフトウェアを搭載する端末全体でみると、利用者は年々増加している。eMarketer は デジタルアシスタントの利用が 2017年に 23.1%増加すると予想している。今年は 6,050万人の米国人が Apple Siri や Microsoft Cortana や Google Assistant といったデジタルアシスタントを少なくとも月に1度利用している。年代別にみると、25歳から34歳がヘビーユーザーで全体の 26.3% を占める。世代別にみると、ミレニアル世代にもっとも利用されている。

スマートスピーカー 世代別利用者数

米Microsoft は2017年5月10日、スマートスピーカー市場への参入を発表しており、同社の人工知能を活用したソフトウェア Cortana を搭載した製品を投入する計画。

Alexa, Say What?! Voice-Enabled Speaker Usage to Grow Nearly 130% This Year
https://www.emarketer.com/Article/Alexa-Say-What-Voice-Enabled-Speaker-Usage-Grow-Nearly-130-This-Year/1015812





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。