Google、AIを活用した画像検索技術 Google Lens を発表、被写体を理解 Google I/O 2017

グーグル、コンピュータビジョンと人工知能を使った画像検索技術 Google Lensを発表。写した被写体を理解して関連する情報を提示。


公開日時:2017年05月18日 14:42

米Google は2017年5月18日、米国で開催中の Google I/O 2017 において人工知能(AI)を使った画像検索技術 Google Lens を発表した。同社 CEO のSundar Pichai 氏がプレゼンテーションを行った。

Google Lens はコンピュータビジョンとAIを活用した画像認識・検索技術。スマホカメラを通して写した被写体を単に画面に表示するだけでなく、その被写体を理解して次に予測されるアクションを支援する。


キーノートプレゼンテーションでは、植物の花をカメラで写した時にそれが何かを説明する、家庭用ルーターに張り付けてあるステッカーを写すと SSID とパスワードを認識して自宅の Wi-Fi に接続する、お店の前を撮影すると、そのお店の詳細や住所、電話番号、ユーザーのレビューを表示するといった事例が紹介された。

Google Lens は Google Assistant と Google Photo で利用可能になる。なお、間もなく公開されるとのことだが、具体的な日時は不明。

Google の画像検索技術は、2009年にリリースした Google Goggles が写真をベースに検索する機能を提供した。ほか、Google画像検索で写真ファイルをドラッグ&ドロップで類似画像を検索する機能や、最近では、Google Translate アプリのリアルタイム翻訳で、街中の案内板などをカメラで写すと指定した言語に翻訳後の文字をオーバーレイ表示する機能を提供している。





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。