EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か

欧州の規制当局・欧州委員会が近く、Google の独占禁止法を巡る調査に結論を下す可能性が報じられる。罰金は11億ユーロか。


公開日時:2017年06月19日 13:31

欧州連合(EU)の競争法当局である欧州委員会(European Commission、EC)は、米Google がショッピング検索(価格比較検索)サービスにおいて自社が有利になるように掲載位置を操作していたとして、巨額の罰金を科す見込みであると複数の欧米メディアが報じている。金額は同社の世界の年間売上高の最大10%(概算でおよそ11億ユーロ=1,370億円)に達する可能性がある。

EC 競争政策担当のマルグレーテ・ベスタゲール(Margrethe Vestager)氏は近しい関係者に、判決の最終段階に入っていると述べている。

EUによるGoogle の独占禁止法違反調査

Google は欧州で90%以上の検索シェアを有しているが、この支配的地位を乱用して Google が競合サービスを排除していると、複数の欧米企業が EC に苦情を申し立てた。これを受けて EC は独占禁止法に違反した疑いがあるとして2010年から調査を開始した。

Google は商品価格検索サービス「Google Shopping」を提供している。検索利用者が商品やブランド、価格に関連するキーワードで検索したときに、当該商品を取り扱う通販サイトや販売価格、評価情報などお買い物時に有益な情報を表示する機能で、ネット検索からショッピングを始めるユーザーのニーズに応えたサービスだ。Google はこれらの情報をウェブ検索結果の枠の一部に表示している。

今回問題となっているのは、Google Shopping の競合となる他社の商品価格検索よりも、自社の結果を優先的に表示するようにしていた疑いがかけられていることである。また、同社の検索順位はアルゴリズムによりコンピューターで自動的に計算しているが、掲載順位の下落に関連する変数を自社の情報には適用しないことで、相対的に自社の掲載順位を押し上げ、競合企業と消費者に不利益をもたらしたとも指摘されている。これらを記した異議告知書(Statement of Objections)は2015年に Google に送付されている。

Google は2015年8月、公式ブログで声明(Improving quality isn’t anti-competitive)を発表し、同社はサービスを常に改善し、より適切な情報や役立つ広告を提供するように努めてきており、これが欧州の消費者に多様な選択肢を提供し、あらゆるビジネスに価値ある機会を提供してきたと主張した。

過去8年にわたり、Google は改善案を提示するなど問題解決に向けて動いたが、(関連:欧州委員会(EC)、Googleが提示した改善案を拒否 - 独占禁止法違反を巡る問題)(Google、検索結果表示の改善を約束、欧州委による巨額の賠償金回避へ)合意には至らなかった。


今後の Google 検索事業への影響

EC が何らかの制裁を Google に科すことを決定した場合、同社の検索事業への影響が懸念される。欧州内における検索事業の運営の方針を変更し、ライバル企業に Google と戦えるだけの競争力を与えることになる。また、検索市場における支配的地位を是正するために、競合企業の情報がより検索結果で目立つようにレイアウトあるいはアルゴリズムの調整を迫られる可能性があると指摘する専門家もいる。ただし、現時点で EC がどのような改善を命じるか不透明だ。


アンドロイドやアドセンスでも独禁法違反の調査進む

上記の商品価格検索は、EC が調査する対象の1つだ。並行して モバイル端末用 OS・Androidにおいて、Google が優越的地位を利用して同社のアプリをプリインストールすることを要求し、またそれを促すためのインセンティブを与えていた疑いと、オンライン広告において競合を不当に排除した疑いでも調査が進められている。


EU poised to fine Google more than $1 billion in antitrust case: reports
http://www.marketwatch.com/story/eu-poised-to-fine-google-more-than-1-billion-in-antitrust-case-ft-report-2017-06-16

Exclusive: Google faces hefty EU fine in shopping case by August - sources
http://www.reuters.com/article/us-eu-google-antitrust-exclusive-idUSKBN18S5OU





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
Google、個人データを検索できる「パーソナルタブ」を追加
Google、ゲスト投稿やコンテンツ配信を悪用した外部リンク獲得施策に警告
Google、求人検索サービス「Google for Jobs」を発表 米国で公開予定
Google、AIを活用した画像検索技術 Google Lens を発表、被写体を理解 Google I/O 2017
Google Home、今夏日本で発売へ 対応アプリや無料通話など機能も強化
コンテンツマーケティングで「ユーザーのことを考えろ」以外のアドバイスはないのか
スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。