Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も

2017年12月中旬に米国ほか複数国で観測された検索順位変動について、Google は幾つかの変更を実施したことを認める。ただし特別なアップデートではない。


公開日時:2017年12月21日 23:33

先週(2017年12月11~16日)に観測された Google検索結果の変動について、米Googleは2017年12月21日、該当期間に細かな改善を実施したことを明らかにした。ただし同社は、検索結果の関連性を改善するための定期的かつ日常的に実施している試みであると述べており、複数の業界メディア(後述)が報告するようなアップデートではないとしている。

10月から Google に勤務しているダニー・サリバン氏は Twitter で、同社は特に大規模あるいは特定のアップデートは行っていないと説明している。


Google の発表


一方、複数の業界関係者は、12月中旬に大きな順位変動があったことを指摘しており、Barry Schwartz 氏はマカビー(マカバイ)アップデート※と命名している。(Maccabees Update、Wikipediaあるいはマカビービールの説明を参照のこと、戦争指導者マカビーを記念する祝日が12月にあることが由来)


以下、Barry 氏、テクノロジーベンダーの SEMrush, Searchmetrics それぞれの自然検索結果変動についての分析を掲載する。

Barry Schwartz氏の見解

By far, the biggest bulk of sites that I saw got hit all had tons and tons of landing pages target massive arrays of keyword permutations. So for example, if they are a travel site, they would target all the destinations they service and also add landing pages for [destination sub name] + [activity name] and sometimes even go beyond that. If they were a service business, they would target [city name] + [service A] and then [city name] + [service B] and so on. [Barry Schwartz, Google Maccabees Update Analysis: Sites Targeting Many Keyword Permutations, SearchEngineRoundtable, December 20,2017]


SEMrush の見解

SEMrush Sensor follows all the changes that occur on Google SERPs in 6 countries for both mobile and desktop separately. On top of the general volatility score per country, Sensor tracks scores for various industries and indicates the change in 15 SERP features and % of HTTPS and AMP. [...] In fact, right now, on December 19, Sensor is reporting another extreme spike in volatility. Now, Hobbies & Leisure, Science, Jobs & Education, Home & Garden, Internet & Telecom, have been affected the most. And the biggest fluctuations again take place on mobile. [Ilya Onskul, the Product Owner of SEMrush, Google confirms mid-December search ranking algorithm updates, December 20, 2017]


Searchmetrics の見解

At first we saw some changes that at first look looked like typical Panda and Phantom symptoms, but not on a large systematic scale. Many sites have lost visibility that have no Schema.org integration, but we can’t determine based on such a short time what are the overall systematic changes. [Marcus Tober , Founder and CTO of Searchmetrics, Google confirms mid-December search ranking algorithm updates, December 20, 2017]

各氏は日常集めている検索順位データよりそれぞれが発見した傾向や考察を述べている。Google の説明に従えば、要は関連性を高めるためにシグナルの評価方法や比重を変更したものだろう。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化), 検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。