Google検索、コアアルゴリズムのアップデートを発表、検索順位大きく動く

グーグルが検索のコアアルゴリズムのアップデートを発表。発表前後で検索順位やトラフィックが下落したことを報告するユーザーが通常より多い印象だ。


公開日時:2018年08月02日 13:04

米Google は2018年8月1日、検索コアアルゴリズムの更新を実施したことを公式 Twitterアカウントで明らかにした。

毎年 Google は検索品質向上のために、コアアルゴリズムの更新を数回実施している。前回は4月だった。今回は比較的検索順位変動が大きい模様で、米国のウェブマスターが集うフォーラム(WebmasterWorld など)や Twitter などで検索順位が変動(※ こうした書込をするユーザーの多くは順位や検索流入数の下落といった悲痛の報告が多いのだが)したことを投稿している。

日本国内のサイトでも大きく検索順位が下落したサイトを確認している。データが集計できたところで改めて報告したい。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, 検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google検索、コアアルゴリズムのアップデートを発表、検索順位大きく動く
Google、一般公開用のURL登録ツールを廃止、今後は GSC を
グーグル、スピードアップデートを正式導入 
Googleスピードアップデート「とても遅いサイトのみが影響を受ける」と改めて発言
Google Speed Update、読込速度改善で検索順位上昇も
Googleレンズ、認識精度はどれくらい?
米Google、大学選びを支援する検索機能を追加
米Google、カメラで検索できる Googleレンズアプリを公開
ぐるなび、Google Assistant を使った音声予約を開始
Yahoo!検索、検索結果で正しい医療情報提供へ メディカルノートと連携
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。