シンガポールの Aivon、分散型動画検索エンジンを今秋立ち上げ ブロックチェーンを活用

シンガポールの Aivon が分散型動画検索エンジンを立ち上げる。ブロックチェーンを活用してメタデータ作成・編集参加者にインセンティブを与える。


公開日時:2018年08月16日 10:38

シンガポール企業の Aivon が今秋、ブロックチェーンを活用した分散型の動画検索エンジンを立ち上げる計画だ。

検索利用者が検索で目的の動画を効率よく探し出すためには1つ1つの動画に適切なメタデータを付与することが重要だが、これは簡単なことではない。YouTube や bilibili、Dailymotion といった動画サイトに公開される無数の動画ファイルに人力で正確なメタデータを書き加えることは不可能だ。AI(人工知能)に任せるには(現状は)正確性に問題がある。また、検索エンジンがアクセスできるメタデータが必ずしも検索に有効とは限らない。たとえば字幕情報はアクセス可能なメタデータであるが、目当ての動画を探すために有効な情報とは言えないからだ。映像中のすべてのオブジェクトやシーンの状況が言語化されればいいかというと、やはり検索するための手がかりとしては有用ではない。Google や YouTube、Bing は動画検索を提供しているが、解決すべき課題はまだ多いのが現状だ。

こうした問題を解決するために、Aivon は動画のメタデータを制作するためのコミュニティを立ち上げた。このコミュニティは人力(クラウドソーシング)と AI を組み合わせて、AI が作成したデータをコミュニティ参加者が編集・承認していく。この参加者たちにメタデータの作成・編集に協力してもらうインセンティブとして、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンプロトコルを使った Aivon トークンを発行する。

同社によるとトークンは秋頃に発行予定で、あわせて Aivon コミュニティに支えられた動画検索エンジンを立ち上げる予定だ。

Aivon 公式サイトに同社の取り組みを説明するホワイトペーパーが公開されているので(英語)、このプロジェクトのスキームや見通しについて興味のある方は参照してほしい。

Aivon
https://aivon.io/





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
シンガポールの Aivon、分散型動画検索エンジンを今秋立ち上げ ブロックチェーンを活用
Google検索、コアアルゴリズムのアップデートを発表、検索順位大きく動く
Google、一般公開用のURL登録ツールを廃止、今後は GSC を
グーグル、スピードアップデートを正式導入 
Googleスピードアップデート「とても遅いサイトのみが影響を受ける」と改めて発言
Google Speed Update、読込速度改善で検索順位上昇も
Googleレンズ、認識精度はどれくらい?
米Google、大学選びを支援する検索機能を追加
米Google、カメラで検索できる Googleレンズアプリを公開
ぐるなび、Google Assistant を使った音声予約を開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。