ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表

ロシアの検索エンジン・Yandex が最新の検索アップデート「アンドロメダ」を発表。各分野の専門家に質問したり回答を得られるクイックアンサー機能の強化や、高品質で信頼出来るサイトを判別しやすくするためのバッジ機能導入など。


公開日時:2018年12月03日 22:27

ロシア最大手の検索エンジン・Yandex(ヤンデックス)は2018年11月19日、最新の検索アップデートを発表した。このアップデートは「Andromeda(アンドロメダ)」と命名されている。

コロリョフ、パレフに続く検索技術アップデート「アンドロメダ」

Yandex は過去にKorolyov(コロリョフ)、Palekh(パレフ)と名付けられた検索技術のアップデートを実施しており、アンドロメダはその最新版を指す。さまざまな検索クエリの意図を正しく理解し、関連性の高いサイトを検索結果に表示することを目指しており、今年度も引き続き機械学習技術を活用して情報アクセスの改善を図っている。Google や Bing の更新同様に時間をかけて徐々に新機能を導入しており、Yandex によると過去1年間にわたり1,000以上の改善や新機能を追加したとのことだ。

Yandex検索の責任者・Andrey Styskin氏は、アンドロメダの導入によりデスクトップ市場における検索シェアが2.5%、モバイル市場で同6%増加したと話す。検索品質がマーケットで成長を続けるための最も重要な要因であり、アンドロメダの導入が上手くいったことを伺わせる。

アンドロメダアップデート(1) 専門家に直接質問できる検索機能

クイックアンサー機能の強化:Yandex のクイックアンサーは、検索クエリに対応する回答を直感的に得られる機能で、たとえばリーガ・エスパニョーラ(スペインのサッカーリーグ)を検索すると試合日程や関連メディアの情報を得ることができる。同様に「カフェ」と検索すると、ユーザーの現在地情報をもとに近所のカフェを表示し、検索結果画面内でレビューや価格、写真を比較しながらお店を探すことができる。

アンドロメダアップデートでこのクイックアンサーが強化されてエキスパート機能が導入された。Yandex と協力する専門家達がさまざまな話題についてのアドバイスや解決策を提示してくれる機能で、たとえば「なぜ電子は核に落ちないの?」と検索したものの正しそうな回答が表示されないときに、検索ユーザーは物理の専門家に直接質問することができる。専門家の回答は検索結果の右側に表示される。Yandex は本機能の例としてネコに間違っていることを伝える方法という質問に対して、専門家からの回答が検索結果画面内に表示されるデモを紹介した。

アンドロメダアップデート(2) 高品質で信頼できるサイトを判別するバッジ

信頼できるサイトを判別するためのバッジ導入:Yandex は他の検索会社同様に、高品質で信頼ができるサイトを検索結果に表示するために検索品質の改善に力を入れている。アンドロメダアップデートでは新たに「バッジ」機能を導入した。

基本的には Yandex の検索アルゴリズムが検索利用者の行動データを元に高品質で信頼できるサイトを判別する。バッジにはいくつかの種類があり、それぞれにバッジを表示するための要件が異なる。たとえば訪問者数が多くロイヤリティが高いユーザーが多いサイトには Popular site バッジを付与する。Yandex によるとバッジは「ユーザーのおすすめ」「人気サイト」「Yandex提供サイト」「(Yandexの)企業情報データベースに基づく公式サイト」といったものが用意されている。


アンドロメダアップデート(3)検索履歴を保存できるコレクション機能

Yandex.Collections:画像や動画、地図など検索中に見つけた色々な情報を保存できる機能が導入された。メディアタイプを問わず保存し、どのデバイスからでもアクセスできる。プライベート(非公開)だけでなく一般公開も可能で、たとえば他のユーザーが作成した「ランプのコレクション」を閲覧するといったことが可能だ。


参考:PC市場は Yandex がリード、モバイル検索市場は Google とシェアが拮抗

Yandex.Radarのデータによると2018年7月時点のPC検索市場における Yandex の検索シェアは55%。モバイル検索市場では Google が53%、Yandex が46%と2社で市場を分け合う。ロシアのモバイル検索市場はかつて Google がリードしていたが、2017年4月の裁判所の判決※によりモバイルChromeブラウザ立ち上げ時にデフォルト検索エンジンをユーザーに選択させる機能を提供することが義務付けられた。同判決後の両者の検索シェア推移を追うと、Google の検索シェアが下落する一方で Yandex のシェアが上昇しており、シェアが拮抗してきている。

※ 2015年に Yandex が Google を提訴。FAS(Federal Antimonopoly Service、ロシア連邦反独占局)は、Googleがモバイル端末に同社製品をプリインストールして出荷することは独占禁止法に違反すると認定。Google と FAS はブラウザに検索エンジンを選択するウインドウを表示すること、競合検索エンジンのプリインストール制限を求めないこと等で合意した。あわせて Google は約670万米ドルの罰金も科された。

Our Latest Intelligent Search Update, "Andromeda"
https://yandex.com/company/blog/andromeda

Yandex 検索アップデート「アンドロメダ」公式サイト
https://yandex.ru/andromeda/

Yandex.Experts page
https://yandex.ru/znatoki/

Which sites get badges in search results
https://yandex.ru/support/webmaster/search-results/tags.html?lang=en

How badges are assigned and displayed
https://yandex.ru/support/webmaster/search-results/tags.html#tags__rules

Yandex.Collections
https://yandex.ru/collections/





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。