Google、メッセージングアプリ Allo の提供を終了

グーグルが公式ブログで Hangouts と Allo という2つのメッセージングアプリについての方針を説明。Hangouts はエンタープライズ向けで開発継続、Allo は終了。機能の一部は Android端末搭載のメッセージングアプリに集約。


公開日時:2018年12月07日 09:48

米Google は2018年12月5日、同社のコミュニケーションツールの方針について公式ブログに記事を公開した。

2016年に公開されたアプリ Allo は最初に Google Assistant を搭載した。検索機能やアシスタント機能を搭載することで他社の類似アプリとの差別化を図り、チャットUIを通じてアシスタントにお願いして地域情報の検索やお店の予約、天気やスポーツ試合結果の取得などを可能としていた。しかしユーザーの支持は得られる利用は低迷していたようだ。同社によると Allo は2019年3月までサポートされ、ユーザーはメッセージ履歴をダウンロードできるという。一部の機能は Android端末搭載のメッセージングアプリに統合される。Hangouts は先日一部のメディアが報道していた通り終了するが、エンタープライズ向けのツールとして引き続き開発はけいぞくされる。

2005年に登場した Google Talk 以後、同社は長くメッセージング関連製品において苦戦している。しかし同領域をあきらめたわけではなく、引き続き同領域に投資していくとしている。


The latest on Messages, Allo, Duo and Hangouts
https://www.blog.google/products/messages/latest-messages-allo-duo-and-hangouts/





記事カテゴリ:検索ニュース 2015-2018
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、メッセージングアプリ Allo の提供を終了
Googleレスポンシブ検索広告、日本語を含む10言語で利用可能に
DuckDuckGo、Googleパーソナライズ検索が及ぼすフィルターバブルの影響調査を発表、Google は反論
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。