Yahoo!MSNGoogleSEMSEOペイドリスティングアドワーズOvertureニュースショッピング検索市場分析お知らせ

PageRank - その知識、間違っていませんか?


2003年08月25日 18:59 | TrackBack (0) | [Google 2003]

Google は検索エンジンの検索結果を表示する際に、リンクポピュラリティやテーマといった外部要因、そしてテキストマッチ等ページ内部に存在する様々な内部要因を総合的に評価して個々のウェブサイトをランク付けしています。

さて、SEOを試みる多くのユーザーが関心を持っている PageRank ですが、この PageRank について間違った知識を持っている方が少なくありません。そこで本日は PageRank にまつわる誤解、というテーマでQ&A形式で解説をしていきたいと思います。

質問1:Google の検索結果は PageRank の高い順番に並んでいるのですか?

答え1:いいえ、違います。Google の PageRank は検索結果一覧の順位を決めるあくまで1つの要素にすぎません。Google は PageRank 以外に100以上の様々な内部及び外部要因(テキストの配置、title タグの中身、テーマ、キーワード近接度、密度、アンカーテキスト等)も考慮した上で最終的なページ評価をして掲載順位を決定しています。従って、検索キーワードによっては PageRank の高いサイトよりも上位に表示されることもあります。


質問2:Google 更新後、ツールバーで見ると PageRank が以前よりも下がってしまいました。これはスパムとみなされたのですか?

答え2:この質問に答えるためには、まず Google Toolbar で皆さんが見ている PageRank とは何を表しているのか?という点を理解する必要があります。

Google Toolbar が表示している PageRank はあくまで個々のウェブページの持つ PageRank 値について、10段階の対数目盛で表した場合にどの位置に該当するか、を示しているに過ぎません。

個々のウェブページがこの10段階の対数目盛のどの位置に属しているかは毎月変化します。何故なら Google はインデックスを更新する度に PageRank の再計算を行います。この再計算は、前回とインデックス数が異なれば、またリンク構造が変化すれば当然個々の PageRank 値も変化します。

 一般的に、インデックス数が増加すれば相対的に 10段階での位置も下がってきますので、ツールバーでの見かけ上 PageRank は下がります。

 従って、もし従来の PageRank の値がちょうど 4/10(10段階の4という意味)を少し超えた程度の PageRank値であり、更新の際に PageRank の値が少し下がってしまえばツールバー上の表示は 3/10 に下がることもありえるのです。

 また、今まで大きな PageRank ポイントをもらっていたリンク元ページが突然消えたり、あるいは偶然 Google がそのページをインデックスしなかった時があれば、そのページからのリンクが消滅した分だけ PageRank が下がりますので、やはりツールバー上の PageRank 値も大きく下がることもあるでしょう。

「Google は毎月データベースを更新して、PageRank も計算しなおすのだから、更新によって PageRank が上がることがあるならば逆に下がることもある」と理解しておきましょう。

質問3:ドメインによって PageRank の加点はあるのですか?

答え3:いいえ、ありません。PageRank は「ページのランク」であって「ドメインのランク」ではありません。ドメイン名の名前によって PageRank が増減することはありません。

また、ドメインにキーワード名が含まれていると検索キーワードとの関連性が高まる、という話があります。しかしドメイン名にキーワードが含まれている事と PageRank には直接的な因果関係はありません。

質問4:あるページ(A)からページ(B)に PageRank が渡ると、ページ(A)の PageRank はページ(B)に渡した分だけ減るのですか?

答え4:この「ページ(A)からページ(B)に PageRank を渡すと、ページ(A)の PageRank が下がる」という説明は、とあるSEO会社が執筆したビジネス書にも書いてありました。残念ながら、これは大きな誤解です(SEO会社としては恥ずかしい間違い)。

あるページから別のページにリンクを張っても、ページが最初に持っていた PageRank の値自体は減少しません。PageRank が減少するのは、あるページから別のページに対して張られるリンクの数が増えた時(=あるページ上のアウトバウンドリンク(発リンク)が増加した時)に、それぞれのリンク先に渡される PageRank の配分です。

あるページが持っている PageRank が別の PageRank に渡る時、その配分される PageRank のポイントはリンク元ページにあるアウトバウンドリンクの数によって決まります。リンク元ページが持っている PageRank の値を、アウトバウンドリンクの数で割った値がリンク先ページに渡される PageRank のポイントです。

例えばページ(A)が PageRank を 100 持っていたとします。ページ(A)上にはリンクが1つだけ設置されており、そのリンク先がページ(B)であれば、ページ(A)からページ(B)に渡される PageRank は 100/1 = 100 です。

もしページ(A)にリンクが5つ設置されており、それぞれページ(B),(C),(D),(E),(F)の5つのページにリンクされていれば、それぞれのページが受け取る PageRank は 100/5 = 20 になります。

どちらの例でもページ(A)はリンク先に PageRank を渡していますが、ページ(A)に与えられている PageRank は 100 に変わりありません。

質問5:サイトボリュームを増加すると PageRank は上がるのですか?

これも多くの方が誤解していることです。「サイトボリュームを増加」というのはつまり、ページ数を増やすという意味ですが、サイトのページ数を増やしても、サイト全体の総PageRankは上がりますが個々のページが持つ PageRank は下がります。

ページ数を増加するとサイト全体の総合PageRank は上がりますが、既存の個々のページに与えられている PageRank は相対的に下がります。これは新しいページを追加することで PageRank の配分が変化するからです。

ページ数を増やしつつ既存のウェブページに与えられていた PageRank を維持するためには外部サイトからのリンクを増やすか、またはその減少分を補えるだけの大量のウェブページを内部に追加するかのどちらかです。現実的な選択肢は前者になるでしょう。


[PageRank 関連]

PageRank - ページランクの基礎知識

Google's PageRank and how to make the most of it

PageRank はアウトバウンドリンクの数に応じて減っていくの?

Google PR0 - PageRank 0 の意味は?

推定PageRank


この記事へのトラックバックURL:





最新の検索エンジン業界ニュース

URL変更: http://www.sem-r.com/
ディズニー公式サイトにアスクジーブスの検索ボックス設置
アスクジーブスジャパンBlog
Yahoo!ダイジェストページがSERPsから消える?
Jリスティング、社長ブログ「MBAキーワード広告社長日記」を開設
ショッピング検索 Brilliant Shopper、ベータ版を公開
Mooter日本語版が登場

Comments
Post a comment









Remember personal info?










検索市場分析 | お知らせ | コンテンツターゲティング広告 | ポータル / ディレクトリ | Google 2003 | Google 2004 [I] | Google 2005 [I] | AdSense / アドセンス | AdWords / アドワーズ広告 | Froogle / フルーグル | ローカル検索 | モバイル検索 | MSNサーチ | Overture / オーバーチュア | PFI - ペイドインクルージョン | ショッピング検索 | ペイドリスティング(PPC) | 検索エンジンニュース 2004 [I] | 検索エンジンニュース - 2003 | 検索エンジンニュース 2004 [II] | 検索エンジンマーケティング SEM | SEO - 検索エンジン最適化 | SEO書籍 / ブックレビュー | SEM/SEOセミナー | 検索エンジンニュース 05Q1 | 検索エンジンニュース 05Q2 | SEO / 検索 統計 | Yahoo! / ヤフー |

関連サイト - SEMリサーチ | Yahoo!サーチSEM | SEO対策FAQ | SEM PR | Yahoo!サーチ weblog | MSNサーチ blog | iREP SEMサービスサイト

運営者 - | 『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』





COPYRIGHT © 1997-2005 Takahiro Watanabe 渡辺隆広 ALL RIGHTS RESERVED.(寄稿記事を除く)
- 検索エンジンマーケティング業界ニュース- xml RSS Feed