Yahoo!MSNGoogleSEMSEOペイドリスティングアドワーズOvertureニュースショッピング検索市場分析お知らせ

Google の関連ページが急に表示されなくなりました


2003年09月08日 00:07 | TrackBack (0) | [Google 2003]

 こんにちは いつも検索エンジン対策の参考にさせて頂いています。
 Google のことで質問があるのですが、自分のページの関連ページを見ようと思ったら何も出てこなくなりました。先月まではいくつかのページが見えていたのですが、全部消えてしまったのは何故なんでしょうか。

(質問者: ぺんぎん さん)

 今回頂いたぺんぎんさんの質問と同じような内容、例えば「バックワードリンクが消えてしまった」とか「ページランクがなくなった」とか、あるいは以前登録されていたページが Google で検索できなくなった、等々 Google のデータベースに関連する質問が非常にたくさん届いています。

 答えとしては全部同じなのですが、SEO初心者の方が少なくありませんので個別に1つずつお答えをしていきたいと思います。

 そんなわけで今日は「関連ページ」についてです。

 まず最初に「関連ページ」とは何かについて簡単に説明をします。

 詳しくは 「Googleの特殊機能」を参照して頂ければ概要はつかめるかと思いますので、ここでは具体例を挙げてみます。

 ソニー「VAIO」のノートPCに「PCG-GRT99」という型番があります。"PCG-GRT99" をキーワードにして Google で検索をしてみてください。検索結果の1番目に、PCG-GRT99の商品案内ページが表示されるかと思います(2003/09/07時点)。

 ここで、見出し「「バイオノートGR」 PCG-GRT99/P・GRT77/B・GRT55/B」の右下にある「関連ページ」をクリックしてみて下さい。すると、PCG-GRT99 と競合する製品や類似製品、あるいはこの商品に関連する情報を持つウェブサイトが表示されていますね。このように Google 「関連ページ」機能は、特定のページが持つ情報に関連する情報を持つWebページ一覧を表示するのです。

 ある特定の情報を探している時に、それと類似・関連するページも一緒に探したい時に役立つ機能ですので、今まで使ったことがない方は機会があれば是非試してみて下さい。

 さて、関連ページの機能を説明したところで本題の質問に移りましょう。

 関連ページで表示する情報も、Google のインデックス情報に基づいています。この情報が更新されれば、表示される関連ページ情報も変わります。では、この情報更新はどの程度のペースで行われているか。

 最近の Google はシステムに大幅な変更を加えているため、現時点では確かなことは言えませんが、とりあえず関連ページの情報は月1回更新されるとして話を進めていきます。

 Google は毎月、その時点で持っている最新のインデックス情報に基づいて関連ページの算出を行います。ご存じの通りWeb は毎日のように新しいページが生まれ、そして消えていきます。また、Gooogle クローラーが訪れた時にたまたまサーバーに不具合があった為に前回のインデックス時には含まれたのに今回はインデックスに含まれていなかったり、あるいは前回は認識しなかった特定のページ上のリンクを今回のクロール時には認識してリンク先もクロールをした、等のようにクローラー自体に起因するシステム的な問題が重なり、常にインデックス情報は変わるわけです。

 関連ページ結果算出の基となるデータ - インデックス情報が毎回変わるということは、毎回算出する関連ページ情報も変わってくるわけです。

 これでぺんぎんさんの疑問は解決したかと思います。Google は毎回のインデックス更新時に、前回のインデックス情報に新たに情報を追加していくのではありません。毎回、最新のWebページ情報を持つインデックスを基に関連ページを算出します。従ってクローラーやサーバー、その他様々な問題による不運が重なると、今まで関連ページとして表示されていたWebページが、今回は関連ページと認識されなかったために全く表示されなくなる事があるのです。

 ぺんぎんさんが何か悪いことをしたからこうなったわけではないので気にする必要はありません。Google に限らずクローラーというWebページ自動収集ロボットを利用して構築されている検索エンジンにはどこにも当てはまる事です。毎回収集されるインデックス情報は、常に変化します。たまたまある時点でクローラーに収集されなかった為にある期間におけるインデックス情報には含まれていないために検索が行えない、情報が出てこないということは頻繁にあるものなのです。ぺんぎんさんだけが遭っている不幸ではない、ということを認識してください。

 最後にこの問題の解決策。要は、今回のインデックス更新では何らかの原因で情報が消えてしまっただけです。でも前回は表示されていた。ですから、しばらく待ってください。次のインデックス更新、あるいはその次のインデックス更新で再び関連ページ情報が表示されるようになるはずです。

 Google は決して、ある特定のウェブページが毎回必ずインデックスに含めることを保証しているわけではありません。これは PFI と呼ばれる有料登録サービス以外であればどのクローラーベースの検索エンジンでも同じことです。自分のページがある一時点において消滅したからといっていちいち騒いでも仕方のないことです。運が悪かったんだと思ってしばらく様子を見ましょう。


Googleの特殊機能 関連ページについて

Google:サイトが現在登録されていない場合

Google の検索結果の見方


回答 渡辺 隆広 ACWS Japan SEM アドバイザー


この記事へのトラックバックURL:





最新の検索エンジン業界ニュース

URL変更: http://www.sem-r.com/
ディズニー公式サイトにアスクジーブスの検索ボックス設置
アスクジーブスジャパンBlog
Yahoo!ダイジェストページがSERPsから消える?
Jリスティング、社長ブログ「MBAキーワード広告社長日記」を開設
ショッピング検索 Brilliant Shopper、ベータ版を公開
Mooter日本語版が登場

Comments
Post a comment









Remember personal info?










検索市場分析 | お知らせ | コンテンツターゲティング広告 | ポータル / ディレクトリ | Google 2003 | Google 2004 [I] | Google 2005 [I] | AdSense / アドセンス | AdWords / アドワーズ広告 | Froogle / フルーグル | ローカル検索 | モバイル検索 | MSNサーチ | Overture / オーバーチュア | PFI - ペイドインクルージョン | ショッピング検索 | ペイドリスティング(PPC) | 検索エンジンニュース 2004 [I] | 検索エンジンニュース - 2003 | 検索エンジンニュース 2004 [II] | 検索エンジンマーケティング SEM | SEO - 検索エンジン最適化 | SEO書籍 / ブックレビュー | SEM/SEOセミナー | 検索エンジンニュース 05Q1 | 検索エンジンニュース 05Q2 | SEO / 検索 統計 | Yahoo! / ヤフー |

関連サイト - SEMリサーチ | Yahoo!サーチSEM | SEO対策FAQ | SEM PR | Yahoo!サーチ weblog | MSNサーチ blog | iREP SEMサービスサイト

運営者 - | 『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』





COPYRIGHT © 1997-2005 Takahiro Watanabe 渡辺隆広 ALL RIGHTS RESERVED.(寄稿記事を除く)
- 検索エンジンマーケティング業界ニュース- xml RSS Feed