Yahoo!MSNGoogleSEMSEOペイドリスティングアドワーズOvertureニュースショッピング検索市場分析お知らせ

google.co.jp と google.com で検索結果が違うのは何故?


2003年09月09日 00:22 | TrackBack (1) | [Google 2003]

日本語で「コネクタ」と検索をすると、google.co.jp と google.com で検索結果が異なります。これはどうしてなのでしょうか?どちらの検索結果が正しいのですか?

(質問者: Σ(ΦωΦ)

 Google にアクセスする時の URL は何かご存じですか?日本の皆さんの多くは、www.google.co.jp あるいは www.google.com というURLにアクセスをして検索をおこなっているでしょう。www.google.co.jp と "co.jp" 日本のドメインがあるように、Google は世界の様々な地域及び言語を使う人々の為に、様々な国・地域のドメインも保有しています。

 いくつか例を挙げると、

[言語別]
なんちゃってラテン語(Pig Latin) http://www.google.com/intl/xx-piglatin/
スコットランド・ゲール語 http://www.google.com/intl/gd/
スペイン語 http://www.google.com/intl/es/

[地域・国別]
韓国 http://www.google.co.kr/
メキシコ http://www.google.com.mx/
イギリス http://www.google.co.uk/
コロンビア http://www.google.com.co/
マレーシア http://www.google.com.my/

といったものがあります。(注 他の言語・地域・国別の Google を知りたい方は、http://www.google.co.jp/language_tools?hl=ja にアクセス)。

 google.com は全ての言語/国/地域を対象にした検索サービスを提供します。一方、国別のドメインではその国ローカルなWebページ検索を提供しているのです。例えば google.co.jp で「日本語のページを検索」を選択した上で検索をすると、Google が日本のWebページと認識している情報からの検索結果を表示します。google.co.uk で "pages from the UK" を選択して検索すると、Google がイギリスのWebページと認識している情報から検索結果を表示するわけです。

 個々のWebページがどの国・言語に属するかは、そのページが記述されている言語やそれが配置されているURLのドメイン、そのページのリンク元Webページの内容、そしてそのリンク構造など様々な要素を複合的に評価して決定されます。

 さて、質問の内容について話しましょう。「google.com と google.co.jp で検索結果が異なる」ということですが、これは co.jp と com ドメインの間だけの問題ではありません。例えば、http://www.google.de/ (デンマーク)や http://www.google.ca/ (カナダ)、あるいは http://www.google.co.il/ (イスラエル) それぞれの Google で同じキーワード「コネクタ」で検索をしてみて下さい。どうですか?国別の Google でも検索結果には日本語Webページの情報が出てきますね。

 国別 Google で検索オプションを「その国のページを検索」にした上でキーワード「コネクタ」で検索をした時の、それぞれの総ページ数を取り出すと次のようになります。

国別Google 総ページ数(検索結果の右上のページ)
google.co.uk 123
google.de 221
google.ca 202
google.co.jp 262,000
google.co.il 539,000

 実際に自分で検索をして、検索結果に表示されているWebページにも注目して下さい。国別のGoogle毎に表示されてくるWebページも異なることがわかります。

 国別Googleはそれぞれ個別のインデックス情報を持っています。その国内のページ検索が行われた際にはそのインデックスを参照します。各国の検索サービス利用者の便宜を考えて、その国内に属するWebページを情報として表示しようとする配慮からです。

 日本以外の国のGoogleで、その国内のページ検索を日本語キーワードで行った時に総ページ件数が異なるのは、同じキーワードを含んでいるWebページでもそれがどの国に属するべき文書であるかというGoogleの判断が異なったからです。つまり、「コネクタ」という言葉を含んでいても、あるページAはイスラエルに属するもの、ページBはカナダに属するものとGoogleのシステムによって判断されたわけです。

 ということで、google.com と google.co.jp の検索結果が異なるのは、検索対象とするWebページ文書が異なるからです。検索対象とする範囲が異なるので、どちらの検索結果が正しい、というものはありません。両方を使ってみて自分が欲している情報が探せればそれでいいのではないでしょうか。


(回答 渡辺 隆広 )


この記事へのトラックバックURL:





最新の検索エンジン業界ニュース

URL変更: http://www.sem-r.com/
ディズニー公式サイトにアスクジーブスの検索ボックス設置
アスクジーブスジャパンBlog
Yahoo!ダイジェストページがSERPsから消える?
Jリスティング、社長ブログ「MBAキーワード広告社長日記」を開設
ショッピング検索 Brilliant Shopper、ベータ版を公開
Mooter日本語版が登場

Comments
Post a comment









Remember personal info?










検索市場分析 | お知らせ | コンテンツターゲティング広告 | ポータル / ディレクトリ | Google 2003 | Google 2004 [I] | Google 2005 [I] | AdSense / アドセンス | AdWords / アドワーズ広告 | Froogle / フルーグル | ローカル検索 | モバイル検索 | MSNサーチ | Overture / オーバーチュア | PFI - ペイドインクルージョン | ショッピング検索 | ペイドリスティング(PPC) | 検索エンジンニュース 2004 [I] | 検索エンジンニュース - 2003 | 検索エンジンニュース 2004 [II] | 検索エンジンマーケティング SEM | SEO - 検索エンジン最適化 | SEO書籍 / ブックレビュー | SEM/SEOセミナー | 検索エンジンニュース 05Q1 | 検索エンジンニュース 05Q2 | SEO / 検索 統計 | Yahoo! / ヤフー |

関連サイト - SEMリサーチ | Yahoo!サーチSEM | SEO対策FAQ | SEM PR | Yahoo!サーチ weblog | MSNサーチ blog | iREP SEMサービスサイト

運営者 - | 『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』





COPYRIGHT © 1997-2005 Takahiro Watanabe 渡辺隆広 ALL RIGHTS RESERVED.(寄稿記事を除く)
- 検索エンジンマーケティング業界ニュース- xml RSS Feed