Yahoo!MSNGoogleSEMSEOペイドリスティングアドワーズOvertureニュースショッピング検索市場分析お知らせ

Google サイトの検索結果と、Googleと提携するポータルサイトでの検索結果が違うのはなぜ?


2003年09月10日 02:43 | TrackBack (0) | [Google 2003]

Google.co.jpの検索結果とBIGLOBEやexcite、niftyなどのGoogleのエンジンを使
用しているポータルサイトの検索結果が微妙に違うのは何故なのでしょうか?


(質問者: Σ(ΦωΦ))

 先日のGoogleの検索結果に関する質問者、Σ(ΦωΦ) さんから、関連質問がありましたので本日も続けて取り上げます。

 Google.co.jp と BIGLOBE や @nifty、Excite のページ検索、つまり提携先サイトでの Google の検索結果が少し異なる、というご質問ですが、結論からいうと、Google提携先サイトの検索結果と、google.com の検索結果は同じです。厳密にいうと、google.com の検索結果と提携先ポータルサイトの検索結果が同じなのです。

 先日の google.co.jp と google.com の違いの話題で触れた通り、google.co.jp は日本国内ローカルのインデックスを使用している為、同じ日本語キーワードで検索を行っても google.co.jp と google.com の検索結果は少し異なります。

 質問者の方は、google."co.jp" と提携先ポータルサイトを比較されていますが、提携先ポータルサイトは google."com" をベースにしています。google.co.jp と 提携先ポータルサイトの検索結果を比較することは、google.co.jp と google.com を比較していることと同じですので当然検索結果が少し異なっているはずです。

 是非もう1度、google.com と BIGLOBE/Excite/@nifty/infoseek で比較してみてください。きっと同じ検索結果を目にすることができるでしょう。

 蛇足ですが、Googleサイトと提携先ポータルサイトの検索結果は他にもいくつか相違点があります。

 例えばGoogleでページ検索を行った時、検索結果一覧に掲載されたサイトがDMOZに登録されている場合は該当サイトの説明文下に DMOZの登録先ディレクトリパス及びDMOZ掲載の紹介文が表示されます。しかし、@nifty や BIGLOBE での検索結果一覧にはこのディレクトリパス及び紹介文は表示されません。infoseek はDMOZの紹介文は表示しますがディレクトリパスは表示しません。Excite はどちらも表示しませんが、もし該当サイトが LookSmart に登録されている場合は LookSmart の登録先ディレクトリパスが表示される仕組みになっています。

 このように同じGoogleを検索サービスに採用していても、その検索結果の表示方法はポータルサイトによって異なるということも頭の片隅に入れておきましょう。もしこのFAQを読んでいるSEO業者の方がいたら是非覚えておいてくださいね。


関連サイト
Excite
http://www.excite.co.jp/

@nifty search
http://www.nifty.com/search/

BIGLOBE Attayo
http://search.biglobe.ne.jp/

infoseek
http://www.infoseek.co.jp/

Google (.com)
http://www.google.com/

Google (co.jp)
http://www.google.co.jp/


(回答 渡辺 隆広)


この記事へのトラックバックURL:





最新の検索エンジン業界ニュース

URL変更: http://www.sem-r.com/
ディズニー公式サイトにアスクジーブスの検索ボックス設置
アスクジーブスジャパンBlog
Yahoo!ダイジェストページがSERPsから消える?
Jリスティング、社長ブログ「MBAキーワード広告社長日記」を開設
ショッピング検索 Brilliant Shopper、ベータ版を公開
Mooter日本語版が登場

Comments

 はじめまして。
 申し訳ないのですが、この回答は正しくないのではないかと思います。
 少なくとも私の検索してみたところでは、国別のドメイン指定では日本語キーワードを入れた場合には違いはないように見えます。
 そもそも、www.google.co.jp. を dig すると IN CNAME www.google.com. と書いてあります。サーバ実体は(ロードバランサによる振り分けを除けば)まったく同じものを差しているわけです。
 結論としては、ローカルのインデックスがあるのではなく、表示設定により結果の表示順が変化するということであろうかと思います。

 たとえば日本語キーワードでは、(案内文などが)日本語表示モードで検索すると表記の揺れを吸収していますが、英語表示モードですと表記の揺れを吸収しないようです。
 しかし例えば英語キーワードで検索すると、表示が日本語設定かどうかで表示順位が違うことが分かります。hl=enとhl=jaを比較してみてください。

 SEO あたりはわかりやすいキーワードではないかと思います。日本語表示ですと日本語サイトの重み付けが上がるというしかけになっていることが見て取れます。

 なお Yahoo! Japan の検索は、日本語のみに絞り込んだ日本語表示モードでの検索結果で、num=20をつけたものと同一になっていますね。

Posted by: sfこと古谷俊一(創作者のための検索エンジン最適化:seo.cre.jp) at 2003年09月14日 18:04
Post a comment









Remember personal info?










検索市場分析 | お知らせ | コンテンツターゲティング広告 | ポータル / ディレクトリ | Google 2003 | Google 2004 [I] | Google 2005 [I] | AdSense / アドセンス | AdWords / アドワーズ広告 | Froogle / フルーグル | ローカル検索 | モバイル検索 | MSNサーチ | Overture / オーバーチュア | PFI - ペイドインクルージョン | ショッピング検索 | ペイドリスティング(PPC) | 検索エンジンニュース 2004 [I] | 検索エンジンニュース - 2003 | 検索エンジンニュース 2004 [II] | 検索エンジンマーケティング SEM | SEO - 検索エンジン最適化 | SEO書籍 / ブックレビュー | SEM/SEOセミナー | 検索エンジンニュース 05Q1 | 検索エンジンニュース 05Q2 | SEO / 検索 統計 | Yahoo! / ヤフー |

関連サイト - SEMリサーチ | Yahoo!サーチSEM | SEO対策FAQ | SEM PR | Yahoo!サーチ weblog | MSNサーチ blog | iREP SEMサービスサイト

運営者 - | 『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』





COPYRIGHT © 1997-2005 Takahiro Watanabe 渡辺隆広 ALL RIGHTS RESERVED.(寄稿記事を除く)
- 検索エンジンマーケティング業界ニュース- xml RSS Feed