Yahoo!MSNGoogleSEMSEOペイドリスティングアドワーズOvertureニュースショッピング検索市場分析お知らせ

Google、デスクトップ検索「Google Desktop Search」をリリース


2004年10月14日 23:19 | TrackBack (19) | [Google 2004 [II]]

米Googleは14日、デスクトップ検索ソフトウェア「Google Desktop Search」(グーグル・デスクトップサーチ)ベータ版をリリースした。無料でダウンロードできる。

Google Desktop Search
Google Desktop Search
http://desktop.google.com/

Google Desktop Searchはパソコン上に保存されている文書をキーワードを使って検索するためのソフトウェア。Microsoftワードやエクセル、パワーポイントやテキストファイル、Outlook / Outlook Expressの受信メールなどあらゆるファイルから検索キーワードに合致するファイルを瞬時に画面上に表示できる。

パソコン上で次々とファイルを作成していくと、何をどこに保存したのかわからなくなり、本当に必要となった時にそのファイルを見つけ出せないことはしばしばあるものだ。Google Desktop Searchはバックグラウンドで常に最新のインデックスを作成しておき、ユーザーのリクエストに応じて目的のファイルがどこに保存されているかを指し示してくれる。

Google Desktop Searchの検索結果はウェブ検索のGoogleと同様のインターフェース。普段Googleを利用するユーザーであれば何も戸惑うことなく検索を扱えるだろう。


ウェブとローカルPCのシームレス検索を実現


さらに、Google Desktop Searchをインストールすると google.com (google.co.jp) 画面上に自動的に desktop リンクが表示される。また通常検索を行った際にも画面上部にローカルファイルで合致したファイル数を表示してくれる。ウェブ検索とローカルファイル検索を一度に実行できる。目的とするファイル(情報)がどこに位置しているかを意識せずに探し出せるという点で革新的だ。


ローカルインデックスはほぼリアルタイムで生成


Google Desktop Searchはローカルファイル検索用のインデックスをほぼリアルタイムで作成しており、新規に作成したファイルも数秒で検索対象となる。インデックスはローカルPC上に保存されているため、検索すれば即座に対象ファイルを検索結果に表示してくれる。


日本語環境でも問題なく動作


Google Desktop Searchは英語版だが日本語Windows環境でも問題なく動作し、日本語キーワードによる(日本語で作成されている)ファイル検索も可能なことを確認した。(※ 日本語キーワード検索した際に文字化けするという人は、エンコードで「日本語(自動選択)」を選べば日本語対応する)

Google Desktop Searchトップページ
Google Desktop Searchのトップページ。いつものGoogle。インデックスはパソコンがアイドル状態の間にバックグラウンドで作成されている。


Google Desktop Search 検索結果
Google Desktop Searchで検索したところ。いつものGoogleのインターフェースに、ローカルPC上の該当ファイルが表示される。クリックすると該当ファイルが画面に表示される。見出しの横に表示されるアイコンの種類により、ファイルタイプを識別できる。


###

デスクトップ検索を巡っては米Microsoftが次期Windows OS(ロングホーン)にてウェブ検索とローカルファイル検索をシームレスに行える機能を搭載することを明言、2006年以降のリリースを目指して開発をしている。その一方で米Googleはコードネーム「パフィン」と呼ばれるローカルファイル検索ツールをリリースすることが以前から噂されていた。米Yahoo!及び米Ask Jeevesも同様の検索ソフトウェアをリリースする予定があると伝えられている。

デスクトップ検索のインターフェースの支配権を握った者がウェブ検索を含む「すべての検索」を支配できる可能性があることから両社の激突が注目されていた。とりあえず米Googleが一足先に製品を世の中に送ることができた。

もともとWindows OS というデスクトップはMicrosoftに完全に支配されている領域。しかし同社の検索ソフトウェアの登場はまだまだ先と見られており、それが登場する前にGoogleが一定のシェアを獲得できれば、Microsoftの思惑とは違った事態になる可能性もある。Google Desktop SearchはウェブとローカルHDDを区別することなく同時に検索できる環境をユーザーに提供する。これはユーザーにとっての”インターネット”と”ローカルPC”の境界線を曖昧にすると同時に、OSの相対的な重要性を低下させられる。「デジタルコンテンツへのアクセスはGoogle」というマインドを植え付けることに成功すれば、Microsoftが実際の製品をリリースしても乗り換えが起こらないかもしれない。

【Google Desktop Searchダウンロード】
Google Desktop Search
http://desktop.google.com/

[UPDATE]
Google、デスクトップ検索 Google Desktop Search 正式版を公開 (2005/03/06)


【関連記事】

デスクトップ検索市場を狙う Yahoo! と Microsoft
http://www.sem-r.com/sem/analysis/20040113073009.html

検索市場を巡る争い (2) - かつての「ブラウザ戦争」とどこが違う
http://www.sem-r.com/sem/analysis/20031104023518.html

Google Deskbar - MSの領域・デスクトップに入り込む Google
http://www.sem-r.com/sem/analysis/20031108023217.html


この記事へのトラックバックURL:





最新の検索エンジン業界ニュース

URL変更: http://www.sem-r.com/
ディズニー公式サイトにアスクジーブスの検索ボックス設置
(続き) sem-r.com サーバ移転のため一時閉鎖しています
アスクジーブスジャパンBlog
Yahoo!ダイジェストページがSERPsから消える?
Jリスティング、社長ブログ「MBAキーワード広告社長日記」を開設
ショッピング検索 Brilliant Shopper、ベータ版を公開

Comments




検索市場分析 | お知らせ | コンテンツターゲティング広告 | ポータル / ディレクトリ | Google 2003 | Google 2004 [I] | Google 2004 [II] | Google 2005 [I] | AdSense / アドセンス | AdWords / アドワーズ広告 | Froogle / フルーグル | ローカル検索 | モバイル検索 | MSNサーチ | Overture / オーバーチュア | PFI - ペイドインクルージョン | ショッピング検索 | ペイドリスティング(PPC) | 検索エンジンニュース 2004 [I] | 検索エンジンニュース - 2003 | 検索エンジンニュース 2004 [II] | 検索エンジンマーケティング SEM | SEO - 検索エンジン最適化 | SEO書籍 / ブックレビュー | SEM/SEOセミナー | サーチエンジンストラテジーズカンファレンス(SES) | 検索エンジンニュース 05Q1 | 検索エンジンニュース 05Q2 | SEO / 検索 統計 | Yahoo! / ヤフー |

関連サイト - SEM リサーチ | SEO対策FAQ | Yahoo!サーチブログ | SEO/SEMセミナー情報 | MSNサーチblog
運営者 - | 『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』





COPYRIGHT © 1997-2005 Takahiro Watanabe 渡辺隆広 ALL RIGHTS RESERVED.(寄稿記事を除く)
- 検索エンジンマーケティング業界ニュース- ご意見・お問い合わせ
xml RSS Feed