Yahoo!MSNGoogleSEMSEOペイドリスティングアドワーズOvertureニュースショッピング検索市場分析お知らせ

PageRankは今も重要か?


2004年06月30日 08:42 | TrackBack (5) | [SEO - 検索エンジン最適化]

SEOにおけるGoogle対策というと、きっと多くの方が1番に挙げるのがPageRankだろう。SEOに関連する業務を行っている人なら企業担当者はもちろん日本の業界関係者の多くもそう思っていると思う。しかし、それは本当だろうか?

もう半年以上前あたりから、「PageRankはもう重要ではないのでは?」「ツールバーで見られるPageRankの値に意味はない」といった意見がちらほら聞かれるようになった。様々な意見があって「全く重要ではない(もうツールバーなんか見ないね)」という人もいれば「全然意味がないわけではないが、確かにPageRankの重要性は低下している」という人もいる。実際どうなのだろうか。

Googleがサイト上で記載している通り、PageRankはGoogleが持つ100以上の検索アルゴリズム - Webページの掲載順位を決定する数多くの要素 - のたった1つにすぎない。つまりPageRankだけが高くても他の要素での評価が低ければ上位には表示されないことを示唆している。とはいえ、少なくとも2003年初頭頃までは、PageRankがランキング決定に与える度合いとしてはそれなりに高かった。

今はどうか。個人的には、PageRankという要素自体は今でもGoogleの検索アルゴリズムの特長を示しているけれども、それのランキングに与える影響度は相対的に低下していると考えている。

「相対的に」というのは、Googleが新たな検索アルゴリズムの導入やそのアルゴリズム間のランキング決定に与える影響の度合いの調整により、結果として以前ほどの影響力を持たなくなったということだ。

検索アルゴリズムは日々進化している。1年前と比べればアルゴリズム各々の役割は変更になるものだ。例えばGoogleは検索ユーザーが必要とする情報により早くアクセスできる環境を提供することを使命としており、そのために検索アルゴリズムを日々見直している。例えば2003年11月〜2004年2月にいくつか新しいアルゴリズムを投入して検索結果の精度を高めようとしたのは記憶に新しい。

同時に、世の中には検索エンジンスパマーと呼ばれる、検索アルゴリズムの脆弱性をついた攻撃をしかけることで不正に検索結果を操作しようとするユーザーも存在する。これらの行為を無効にするための方法があればそれを採用する。例えばGoogleは最近 onmouseover javascriptを利用したリダイレクトスパムを排除している。

このように検索アルゴリズムが日々進化していけば、ある1つの要素が昔と同様に大きな効果を持つことはありえない。PageRankの場合、それ自体には大きな欠陥があることは以前から指摘されていた。例えばPageRankはインターネット上におけるページの重要度の指標は示すことができても、検索キーワードに関連するトピックのWebページにおける重要度の指標とはなりえなかった点だ。これらを補うためのアルゴリズムが投入され、それらのランキングへの影響度もそれなりに与えられた結果、相対的にPageRankの重要度は低くなったということだ。

よく今月はPageRankが1下がったとか(あがったとか)騒いでいる人がいるが、PageRankが3でも4でも5でも掲載順位の決定に致命的な影響を与えているわけではないのだ。今やPageRankが少しくらい増減しても意味はないと考える。

特に最近はGoogleツールバーに表示されるPageRankと、Google内部でその時点でもつPageRankが異なるため、なおさらGoogleツールバーに表示されるPageRank自体も無意味になってきている。そのため業界関係者の中にはツールバーのPageRankなど見ないという人も増えてきているのではないだろうか。とりわけ複数のデータセンターの検索結果を見たりする行為は無意味だろう。

なお、PageRankの高低に一喜一憂する方に共通して見られる傾向として、ページ内要因の最適化があまりに不十分である点が上げられる。SEO = Google対策 = PageRank対策という大きな勘違いが原因なのだが(Google対策=PageRank対策と発言するSEO会社や関係者も問題だと思うが)、YSTというもう1つのアルゴリズム検索エンジンも登場したことだしもう1度SEOとは何をするものかを考え直してみよう。


この記事へのトラックバックURL:





最新の検索エンジン業界ニュース

URL変更: http://www.sem-r.com/
ディズニー公式サイトにアスクジーブスの検索ボックス設置
アスクジーブスジャパンBlog
Yahoo!ダイジェストページがSERPsから消える?
Jリスティング、社長ブログ「MBAキーワード広告社長日記」を開設
ショッピング検索 Brilliant Shopper、ベータ版を公開
Mooter日本語版が登場

Comments




検索市場分析 | お知らせ | コンテンツターゲティング広告 | ポータル / ディレクトリ | Google 2003 | Google 2004 [I] | Google 2005 [I] | AdSense / アドセンス | AdWords / アドワーズ広告 | Froogle / フルーグル | ローカル検索 | モバイル検索 | MSNサーチ | Overture / オーバーチュア | PFI - ペイドインクルージョン | ショッピング検索 | ペイドリスティング(PPC) | 検索エンジンニュース 2004 [I] | 検索エンジンニュース - 2003 | 検索エンジンニュース 2004 [II] | 検索エンジンマーケティング SEM | SEO - 検索エンジン最適化 | SEO書籍 / ブックレビュー | SEM/SEOセミナー | 検索エンジンニュース 05Q1 | 検索エンジンニュース 05Q2 | SEO / 検索 統計 | Yahoo! / ヤフー |

関連サイト - SEMリサーチ | Yahoo!サーチSEM | SEO対策FAQ | SEM PR | Yahoo!サーチ weblog | MSNサーチ blog | iREP SEMサービスサイト

運営者 - | 『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』





COPYRIGHT © 1997-2005 Takahiro Watanabe 渡辺隆広 ALL RIGHTS RESERVED.(寄稿記事を除く)
- 検索エンジンマーケティング業界ニュース- xml RSS Feed