Google PageRankは過去の遺物 - SEOで考慮する必要性は限りなくゼロ

今日のSEOにおいて、Google PageRankを勘案する必要はない。昔のように頻繁に(ツールバー上の)PageRankがアップデートされるわけでもなく、更新データは常に過去のスナップショットのため、私たちがツールバーで見たその時点で利用価値が低い情報。PageRankの値に惑わされないように。


公開日時:2008年05月11日 11:52

PageRankは「1つの評価指標」に過ぎないし、少なくともGoogleツールバーは全然気にする必要はない。未だに「Googleで検索上位に表示するためにはPageRankをあげなければ」「PageRank 5 まであげるにはどうすればいいか」なんていう方が少なくないのですが、これは正確ではないので認識を改めよう。

全く価値がない・重要ではありませんとは言わないが、例えば筆者は少なくとも、Webサイトの診断においてGoogleツールバーの値は全く考慮しないし、PageRankの高低は「10か5か1か」のレベルでは判断するがそれ以上の詳細な差は考慮しない。つまり、PageRank = Webページに張られたリンクの"数"と"質"に基づいたページの重要度の評価 = という指標は「単なる1つの評価指標」である。

さらに、現在のGoogleはリンクの「信頼性」や「関連性」「アンカーテキスト」という要素も判定指標として採用している上、むしろ関連性や信頼性のウエイトが比較的高い現状においてはPageRank(先ほど定義した意味でのPageRank)は考慮しても仕方がないのだ。

「GoogleのランキングはPageRankだけで決まっているのではない」ことは認識している人でも「PageRank自体の高低は重要」と考えている人もいるようだが、今日はそういう時代ではないので注意してほしい。

なお、ネット上には指定のPageRank値にあげるために必要なリンクの計算式のようなものもあるが、こうした数学的根拠を示しているかのような情報は、10年以上前に公開されたPageRankの最初の論文(The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine、1998)に記述されている内容を簡易化した計算式を根拠にしている。しかし、当時論文で発表されたPageRankの計算式とGoogleが現在、システムに実装しているPageRankは全く別物であり、したがって全く信頼性に欠ける情報だということを知っておいてほしい。

執筆:渡辺隆広
本原稿は、2007年3月1日時点のもの





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。